日常を切り取る


e0351452_5253464.jpg


 ある日の日常。
 お盆明け初日。

 年配の部下を評価する役割を担ったあなたの立ち回り、悩みを抱えている人に声をかける上司の役割、などを1日かけて研修を受ける。仕事かこれも。
 つかれる。

 風に乗り、休日を過ごした。その海の記憶をいっぺんに消して、どろどろどろ。
 きりかえてこっ。
 銭湯につかって、ちょくっと飲んでかえろうかな。
 と思い。



 銭湯まで歩く。
 いずみ湯、休み。
 上ふるの湯、当分の間、休業いたします。
 有馬湯、張り紙もなくお休み。
 歩いて10分、天神の湯。
 通り過ぎてしまう。

 おやっ、近所の人に聞く。アパート建ってますけど。
 はい、なくなりました。4軒の風呂屋巡り空振り。
 つかれる。

 しょぼんとしてバスに乗り、帰宅の途につく。
 大野でおりて焼き鳥食ってかえろうか。
 少し、気持ちテンションを上げてパスを降りる。

 せきとり大野店、休み。
 歩いて、鷲ノ木の若とりに。空揚げの匂いはしたものの、休み。
 歩いて、六べいに行くと、休み。
 つかれる。



 しょうがないので、コンビニでビールをかってコロッケを買ってベンチに座る。
 飲む。かじる。
 雨が降ってきた。
 かばんとビールと傘とコロッケをもって、コンビニの軒下に行く。
 つかれる。
 
 雨がざーざー降っている。
 窓越し、江戸時代、浮世絵級の雨の線が入っている。
 見た感じ、つかれる。
 


あと10日もすると53歳。

 東海道ならば53次か。

 
 
e0351452_549127.jpg


 京都三条大橋に到着予定。もとい、1国の現代は五条大橋を通過して山陰方面9国につながる。

 お遍路西国巡礼の旅もいいなあ・・・・・・


 お盆明け、へとへとっぽい日であった。





.

 
[PR]
# by ikarashikunosuke | 2015-08-18 05:58 | どうでもいいこと | Comments(2)

プロジェクト2日目


 
e0351452_6563715.jpg



 木場・亀倉展

 今日も作品展示ていう作業が続く。

 大事なものは、その都度仕舞いしなければいけない。

 今日は、昨日よりも自分でじっくり見れた。

 小道具やカメラ、趣味人である佐藤さんからもいろいろ教えていただいた。

 おいらも、いい、爺になれそうな気がする。

 
e0351452_657256.jpg



 
e0351452_65717100.jpg


 武田家、いまの番人、水土の五十嵐氏を載せておく。

 あとは、まったりとした時間に、お茶でも出せれば最高だと思う。




.

 
[PR]
# by ikarashikunosuke | 2015-08-17 06:58 | 越後・新潟・木場のこと | Comments(0)

木場・亀倉展はじまる



  
e0351452_71923100.jpg



  「この春、佐渡から、こちら担当することになりました」

  汽車。


  「へー、佐渡の酒、なに飲んでましたー?」

  おいら。

  「金鶴でしょうか」

  汽車。

  「やるねーさすがー」
  
  「社長さんがいい人なんだわね」

  おいら。

  「いい水を見つけて、それで酒を造るっていう人ですよね」

 佐渡の自然環境、農業にも話がつづきそうだ。

  いい汽車だ。N潟N報の女性記者だ。

ぽっぽー!ではない。



  

  そんなことではなく、木場・亀倉展がはじまった。

  
e0351452_7194389.jpg


 
  この木場・亀倉展もいいが、隣の歴史文化博物館の新潟町展もいい。

  発掘された陶器から、新潟の町が勢いがよくわかる。

  抜荷とか、薩摩藩とか、長岡藩とか、陶磁器の破片から歴史が広がってくる。

  八百八後家という、新潟町の遊郭のにぎわいを表す言葉がある。

  北前船の大阪からの積み荷は古着、京大阪ですたれたデザイン着物、没落した武家のお召し物、流通していたと思う。

  面白いと思った。

  


 もうひとつ。

 説明してくれた学芸員は、実は瀬戸モノの家に生まれたそうだ。

  どうりで。

 彼女によれば。

  「17世紀、佐賀の焼き物の産地に、全国から産業スパイが送り込まれた」

  「佐賀の焼き物の技法を他に出してはならぬと、佐賀側も必死」

  「瀬戸モノの創始者は、奥の手、村の娘に近づいた」

  「技術を会得した瀬戸物の創始者は、村の娘を捨てて帰った」

  「以来、瀬戸市の神社の祭りの前には、恨みの雨が必ず降るという」

 この男、カトウタミキチという。

  このくだり、どっかで聞いたことがあるなあー。

  木場の八幡様のご神体、信濃川を下って粟島に流れついた・・・・・・・。

 (8年ほど前の窯元紀行はこちら)



 はたまた。

 松郷屋とい焼き物の産地が巻にあった。

 一度はつぶれたが、新潟硫酸という会社ができて、その器に製造が復活した。

 これは一緒に見学していた人からの情報だ。

 福井じょんのびにあるというから、行ってみようと思う。




 ということで、もう一度。

 木場・亀倉プロジェクト。
 
  
e0351452_720371.jpg



   急きょ、看板、書いてもらいました。加賀前田家の末裔、レディー加賀さまからです。

   ですから。なんとなし、村人から、来てもらいたいですね。

   歴史マニアも芸術家もいらない。


  8/16記す。





.
[PR]
# by ikarashikunosuke | 2015-08-16 08:03 | 越後・新潟・木場のこと | Comments(0)

デ・ホ・ドン



  
e0351452_7543341.jpg


  大南、48アールコシヒカリ。

 出穂、中国読みでは、しゅっすいという。

 わが地方では、デホという。

 北の朝の金の国では、デホドンという。

 8月15日 70回目の終戦記念、平和の日。

 みなさんから10日遅れて、直播栽培、収穫の秋を迎える準備中です。




.
[PR]
# by ikarashikunosuke | 2015-08-15 07:57 | 農民日記 | Comments(2)

能登散策紀行・・・その3



  
e0351452_19385378.jpg


  穴水では、駅からちゃりを借りてうろついた。あぢーーー。

  でも、300円。一日何時間でもだ。

 ほんとうは、輪島で電動バイブ付アシスト自転車を借りる予定だった。

 「電動で先端行きたいんですけどー」

 観光案内所にて。

 「能登はアップダウンきついから無理」

 「足には自信あるんですげとー」

 「いや、無理、この暑さでは無理、おまけにバッテリーがなくなる」

 そうですか。

 否定されたので、ちゃりをあきらめたのだった。

 じゃあ、穴水で。

 ということで海の入り江に散歩。


 
e0351452_1941586.jpg


 
e0351452_19421495.jpg


 
e0351452_19422727.jpg


 「ここは静かでいいですねー」

 「サユリが釣れるー」
 
 金沢市内から来たという。

 「新潟から来ましたー」

 と、おいらはいう。

 「佐渡島と似てます、ほんとここはいい感じ、ドボンと潜ったらどんなにいいかと思いますね」

 堤防の製造履歴を見ると、おいら20歳の誕生日であった。

 寄寓やな。


 入り江の漁師にも話しかける。

 
e0351452_19463526.jpg



 
e0351452_19464980.jpg


 「この入り江に、何世帯住んでるんですかー」

 「見たとおり」

 カキの養殖したやつ、を剥いている。

 プリプリだ。

 「静かで穏やかで、のんびりしたところですねー」

 自然の目の前に家があり、漁船を足代わりにして暮らす。


 なんともうらやましい限りである。



つづく。



.

 
[PR]
# by ikarashikunosuke | 2015-08-14 19:51 | ちゃがらけ日記 | Comments(0)