人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

7.28 青春18フェリーきっぷについて



ついに、鉄道から船に新時代到来。

名付けて青春18フェリーきっぷ。

2等のみ、貨客船のみ、乗船自由。航行距離10,000kmで打ち止め。

イタリアのキロメトリコ的な使い方のチケット。



e0351452_18425992.jpg

日曜のドライブがてら、

旅行会社に勤務する妻殿と、日本一周10日間の旅30万円について説明を受けた。

むろん、そんな金はないし、10日間で日本一周しようとは思わない。

きけば。

新潟から大宮まで新幹線。大宮から北海道新幹線で函館。函館観光。湯川温泉。

室蘭から宮古三陸にむけてフェリー旅。リアス式を南下して仙台秋保温泉。

仙台から名古屋までフェリー。名古屋から伊賀を抜けて宇治に宿泊。

よく日、滋賀福井をバスで荒らして大阪南港で別府までフェリー。

日田あたりの九州北部の観光地を散らかして新門司から大阪までフェリーとんぼ返り。

金沢あたりに最後は宿泊して帰宅する、新潟交通の企画。

船旅好きなら、たまらない。

フェリーを使ってぐっすり船旅を考えた企画者に拍手。エストエストエスト。



おいら的に代案を考えた。

おいらは、おいらの企画で同一行程を「青春18きっぷとフェリー旅」を企画してみた。

新潟駅を列車で北上して青森。青森から青函で函館。

函館から苫小牧まで列車の旅。

苫小牧から仙台へフェリー。

仙台から東京まで18きっぷで南下。東京で飲み散らかす。

東京始発の東海道線で京都へ。京都で飲み散らかす。

大阪南港にいって、釜山行きのパンスターフェリーに乗る。よく日の午前にプサン着。釜山で飲み散らかす。

よく日。JRカメリア号で博多に到着。旭軒で餃子を食べる。

新門司からフェリーで大阪に。

大阪でも飲んだくれる。ただし、敦賀まで移動を終えておく。

締めは新日本海フェリーで新潟着。

どうでしょうか、私の企画。たぶん、そんなにお金かからない。

フェリーを使って最大限、宿泊費と夜の宴会費をセーブする。

まあ、いつか、やります。この企画。

ところで。

さてと。


じつは、今週末、ミニ18きっぷとフェリー旅に行く。

新潟、角館、盛岡、八戸。鉄&フェリー。

苫小牧、札幌、小樽。鉄&フェリー。

総費用18きっぷ2コマと船代、18,000円程度。

北の大地に夏休みです。土曜日に出て、月曜日の朝9時に新潟に戻ります。

ことしこそ、ブルーインパルス。




昨年はこちら↓


ほんとに、考えてください。日本フェリー協会の皆様。

青春18フェリーきっぷ。応援します。

旅好き、船好き、酒好きにもってこいなんです。



こんなんもあった、九州博多、旭軒。













・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



おまけ。

本日、妻殿と食した長岡の喜味屋。

爆盛の店として有名。

妻殿、日ごろの腹も爆ですが、二人して、超、腹、爆です。


e0351452_18433624.jpg



毎日が、旅ならいいのに・・・・・

旅ガラス、そんな仕事に就けばよかった・・・・。


最初の写真、全く関係ありません。

しいて言えば、北の大地をイメージしてもらえれば・・・・・。


.


by ikarashikunosuke | 2019-07-28 19:15 | どうでもいいこと | Comments(0)

7.15 軍艦を見に行く


東港のふ頭まで。

重巡妙高。今は、護衛艦妙高。

帝国海軍ではヘビークルーザーだった。今は、イージス艦。

中学の時、部屋にポスター貼ってた。

40年の時を超え、いい年こいて、スクーターで出かけてきた。


e0351452_18322336.jpg



e0351452_18433790.jpg




e0351452_18323535.jpg

御覧の通り、人の行列。したがって、乗艦せず。

イエスノークイズを見ながら30分ほどで見学を終わる。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おまけ。

全然すらっとしていない。のでは。

ズボンガアーミーで、オタクっぽい。

e0351452_18320935.jpg


昨年はこちら



太平洋戦争時代の妙高はこちら。

e0351452_18382075.jpg
似てる。艦橋。


by ikarashikunosuke | 2019-07-19 18:41 | どうでもいいこと | Comments(0)

7.15 100年の命を絶つ

 
 前略、ご先祖様。

 7月15日、生きていれば86歳かと、本日、亡父の誕生日。

 ちょうど15日が月命日なので、お寺様が月経にこられた。

 「庭木を1本切ったので、合わせてお経をお願いします」と、頼んだ。

 前々から、庭に、どうも位置的に気に入らない100年物の松があり。植えた当初は、門かぶりと考えたのだろうと思う。

 多分、留吉じいさんの仕事だと思う。なのでなお、切りづらかった。

 
e0351452_09344304.jpg


e0351452_10053276.jpg

 
 長く我が家に逗留していた絵師が書いている。わが家の庭。

 土蔵左端の松、この構図からすると、蛇足だと思うが。勝手に理由をつけるおいら。

 結局この絵師は、世に名を出すことなく、売れなかったようだ。

 なので。

「ご先祖様、木を1本切りました」以上、報告いたします。

それと、チェーンソーの歯、なめてしまいました。

 型番91VG45E 東芝製。

 
e0351452_09344296.jpg


e0351452_09344364.jpg

 おかげで、上空、すっきりした夏空です。

 糸ヒバも、以前のように庭師を入れてきちんと管理したいのですが、米価下落中につき、庭を整える金子がありません。

 落書きなどを貼って、家族に戒めています。

2階からの風景も、夏空となっています。

e0351452_09344236.jpg




e0351452_09344232.jpg
 作業記録。

 転落防止用ロープ。自転車盗難防止用ワイヤー使用。

 ヘルメット。朱鷺子の自転車通学用使用。

 高さ、7メートル。虫刺され1か所。落下樹木でふくらはぎ、擦過傷1か所。

by ikarashikunosuke | 2019-07-15 10:00 | 自分とか家や家族のこと | Comments(0)

7.13 夏休みの旅2日目 水戸、潮来・・その2



出発は、午前6時。

しずか、風なし、くもり。


ここで7.39 宿を出て、右半分のてっこつ。橋が架かっている。


e0351452_09281912.jpg




ここ、8.45

土浦市近し。35年前。百里基地の航空ショー、F15を見に行った時、土浦の駅は軍歌が流れていた。




e0351452_09281972.jpg





終了、13.33。
e0351452_09281835.jpg


それでは写真など。



e0351452_09323315.jpg
出だしの橋。



e0351452_09331725.jpg

ウエイクボードの学生たち。


e0351452_09334844.jpg

おいら。

e0351452_09334856.jpg
e0351452_09463801.jpg

釣れてる。

e0351452_09334875.jpg
正体は、ナマズ。相当数の個体が捨てられている。

なんで食わないの?




e0351452_09334846.jpg

自転車乗りのための施設。土浦市。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

食堂による。

e0351452_09373056.jpg

チャーハンが来た。

まてよ、たんねー。




e0351452_09373092.jpg

ラーメンを追加して。

自転車こいでいる様子を見て、グレープフルーツのサービス。

1050円の豪華ランチだった。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

予科練による、1時間はじっくりと。


e0351452_09392266.jpg



e0351452_09392136.jpg



e0351452_09392212.jpg


館内は撮影禁止だった。

あっさりとしていて、戦争反対平和むき出しアピール感もなく。

日本と向き合った純真無垢な若者と、そして75年前の日本という国のことだった。

神風の最初のメンバーに、予科練出身者がいた。敷島隊。

郊外に回天魚雷が展示してあった。

仕事で出会った人に、鹿児島の回天基地にいたという古老がいた。

もっと多く語れればと思った。

コロンビアのコカインの密輸で、潜水艦が使われたようだ。

拿捕の映像を見た。似ている。潜れず、潜望鏡のみで操作するもの。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


e0351452_09473189.jpg

とにかく1週を終えた。

100キロ。平坦。

軽トラに自転車積んで、下道での燃費、22キロ/リッター。

走行距離800キロ。宿代6000円。高速5000円。夕飯2000円。昼めし1000円。

最初の日はすき屋の朝定食420円。

味のある宿に泊まりたい。次回は、千歳基地の航空祭、リベンジの旅へ。


.




by ikarashikunosuke | 2019-07-14 09:51 | ちゃがらけ日記 | Comments(0)

7.13 夏休みの旅2日目 鹿島、霞ヶ浦


2日目。


3時起床。

シャワーを浴びて。

いざ、身を引き締めて。

鹿島神宮到着。

時計は、4時半過ぎ。よしっ。




e0351452_09192474.jpg





あれま、サンダルだった。

神官も、雪駄だし。ま、いいか。


e0351452_09192507.jpg




参道に、こうべを垂れて一礼。
e0351452_09192432.jpg


武道の神さま。天皇陛下を敬う、さすが神社庁。



e0351452_09192434.jpg






カラスも、参拝中だった。
e0351452_09192586.jpg


この日のことを、帰宅後妻殿に報告すると。

同じ日の午後、ハチに刺された人がいて、奥之院に行けなくなったとのこと。

朝一番、夜明けとともに開店待ち参拝する人間とは、心掛けが違うでしょ。

いよいよ、霞ヶ浦一周サイクリングに。




by ikarashikunosuke | 2019-07-14 09:25 | ちゃがらけ日記 | Comments(0)

7.12 夏休みの旅1日目 水戸、潮来


7.12.13 霞ヶ浦1週サイクリングを計画し実行に移す。

 12日、5時出発、郡山を抜けて水戸、水郷の潮来へ。

 13日は、朝から自転車をこいで、予科練記念館に行く。6時間が予定、走行距離100キロのコースだ。

 

水戸市内、弘道館につく。

斉昭、慶喜の親父が作った藩校。

尊王思想が息づく。水戸派。

会津は佐幕一辺倒。徳川に近い2つの勢力が幕末を迎える。

やがて、水戸徳川は、佐幕勤王で二つに分かれて大騒ぎ。

ここにつくまでに、村々を見てくると、農業を、農民を厚く保護したことがよくわかる。

旅で気づくことが多い。





e0351452_09004307.jpg




e0351452_09005258.jpg



ミステリーサークル。

お礼肥えらしい。

化成肥料らしき粒と色。さすが梅を大事にするお国柄。

e0351452_09005616.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


宿とうちゃこ。潮来。午後4時。

ここがいたこかあー。

第1番に、寂れている。においが上海近郊の村。


e0351452_09003373.jpg


マップをもらう。

宿では食事の提供がない。朝もない。

したがって、近所のスーパーと食べどころを紹介してもらう。
e0351452_09004813.jpg


すでに布団が敷かれている。

フロントは男性一人がいるだけ。ほかに従業員がいない。

素泊まりの気ままさ、そしてわびしさ。

e0351452_09013138.jpg


とりあえず、よく日に備えて晩酌。5時。


e0351452_09005944.jpg



参院。こちらの候補たち。



e0351452_09002936.jpg


サラリと、ブラつく。

しかし、においが、「潟」生臭い。

水郷潮来とは・・・・・語るまい。
e0351452_09000941.jpg


夕食後ぶらついて、聞いたこと。

ここは、赤線があってにぎわった。いまはもう・・・・。

そういえば、山之上のお寺に、女郎の無縁仏供養がある。

農村の娘が売られてきた歴史か。

予科練があった時代は、ここまで軍隊がやってきたのか。

民俗学は楽しいものである。潮来の悪口を言っていたら、蚊に刺された。

ひなびた観光地は、蚊が多い。



by ikarashikunosuke | 2019-07-14 09:18 | ちゃがらけ日記 | Comments(0)

7.9 稲作、定点観測


 農民日記

 7.9現在の様子 

コントラストのいい日は、コンデジの出番なり。



e0351452_05534048.jpg




↓大南、コシヒカリ一発肥料。除草剤が強くて分けつしないところ、やっとふさふさしてきた。

収穫は7俵どまりだと思う。いや、むだなくず米がでないかも。やってみなけりゃ人生始まらない。
e0351452_05534107.jpg




↓同じくのおけつ側。根が張らず禿げた。初期処理でたまり水に腐敗ガス発生。しかし今年の禿げ方はひどい。

高速道路の影になる場所なので朝日がもらえず。

e0351452_05534173.jpg


↓ねずみの巣田んぼ。

除草剤撒いてもまいても、次の草が生えてくる。水はけがいいので良しとするか。

初期剤+クリンチャー+クリンチャーバス2回。

e0351452_05534081.jpg




↓大南、高速側。ホタルイ族の巣。

クサネムがどこまで抑えていけるかが、今後の課題。

いちおう、7/6に、クリバスにノミニー少々足してまいといた。
e0351452_05534170.jpg




↓栗の木の田
相変わらずよく乾く。地割れ幅。2センチ以上。水入れてやりたいけど、すでに過繁茂状態なので、ステイ。

今年、こしいぶきは、元肥料2本40キロ。こりゃあ、いささか多すぎ。

裕福な家庭に育った子のようになる。
e0351452_05534188.jpg



↓国営排水わき。ここ、一番順調。

初期除草剤が効いている。いまんとこ、雑草ないし。分けつふさふさもいい感じだし。

おしいところ、難点は、最後の4列、種まき忘れ。

自主的に額縁減反してしまったところ。




e0351452_05572492.jpg


e0351452_05574312.jpg


↓大沼地内

まあまあ。といいつつ、禿げた箇所あり。ここはどろどろに代かきしすぎて、種が埋没したところ。

昔の人には、こうした植えらていない箇所を見ると、耐え切れなくなると思う。

おいらにも多少はある。

e0351452_05580740.jpg





e0351452_05581499.jpg


一段落したら、夏休みだ。

かぶとむし、とりに行かなくちゃー!!

少年よ。

もとい、壮年よ。



by ikarashikunosuke | 2019-07-09 06:21 | 農民日記 | Comments(0)

7.7東の風に吹かれて温泉に


信州、木島平村。

訪れるのは25年ぶりぐらいか。

眺望良好。入浴料500円。



e0351452_06383493.jpg





e0351452_06390626.jpg





e0351452_06384288.jpg



 旅雑記
 上越、親鸞聖人の奥さんの墓と記念館無料に立ち寄る。
 県境、新井の、ラーメンすずらん、熱いスープでラーメン570円はよい。丁寧な仕事。うまみ調味料感がない。
 馬曲温泉、漂白剤感あり。たぶん大勢が入りに来るから致し方ない。持ち込み無料の休憩場所があるのもよい。

 近県の温泉に日帰りに行く時代になった。というか、歳になった。
 妻殿が運転手してくれて出かける時代になった。というか、お世話になる歳になった。

.


by ikarashikunosuke | 2019-07-08 06:52 | ちゃがらけ日記 | Comments(0)

7.5 クボタの農機具フェアに行く



農家にとって、機械は、おもちゃである。

縁日にいる、おもちゃ買ってー的、おねだりさんとおんなじである。

長岡で恒例の農機具フェスタがあった。

夏休みをとって出かけてきた。



e0351452_06150606.jpg

コバシのハロー。ハロハロー。

正直、壊れません。なので買い替えが進みません。この解説にうっとり。

代かき方法も、昔と比べて丁寧にしすぎている。田んぼがいたむとバッサリ。

売れると思った。

お買い上げされた農家の名前が張り出されている。10名ほど。

初日から、売り上げは1200万超か。


e0351452_06150608.jpg

どうでもいいよう米の機械。圃場整備された土地での活躍。

わが地方、田んぼを売りながら、また売られている田んぼを買いながら、小区画で農業をやっている場所ではどうにもならん。

機械と採算、これがすべてだと思う。



e0351452_06150666.jpg


草刈りまさお。

この会社、ほんとに昔から派手。

たしかメイドイン九州。韓国ナイズされてないか。

もしくは、ぐーぐるクロームとぐるか。

そして。



e0351452_06150679.jpg

本日のメインイベント。

♪どろーん、ぼくらはー♪

♪この説明を、聞きにきたんだー♪

♪めぐりあう、ちゃめにー♪

ということで。ドロンレディいわく、

本体に、バッテリ2セット、薬剤タンク2種類を加えると200万。

1回のバッテリで2haの散布。

作業時間10-15分。

充電は急速で40分。これを繰り返していけば、作業は一日中可能。

プロペラは、1セット予備でついてくる。

損害保険、墜落転落は年間10万円。

年に1回、メンテナンスが必要。これは航空法でもないし義務付けはないが、何しろキャシャ。

カーボンで作られている。これに10リッターの薬剤積んで、転落すればやはりフレームは骨折捻挫はすると思う。

結果。

やっぱり、買えない。

しばらくは山歩きのつもりで、田んぼを歩く。


追伸。
農薬の安売りをしていた。2割引き。
買った。7万円、来年使う先行投資だ。



農機具関連はこちら







by ikarashikunosuke | 2019-07-06 06:42 | どうでもいいこと | Comments(0)

7.4 野地を耕す



良し悪しという言葉がある。

ここの田んぼは、悪し悪し。

葦、葦。

これもヨシともいうし、アシとも読むらしい。

さて。


春に耕起した耕作放棄地、春よりもジャンボになっている。

この生命力たるや、感嘆符が三つ以上となる。

とにかく、農地を守ろうとする人たち、5人が集まって、野地起こしをした。

おいらは、その立ち合いであった。






e0351452_06233598.jpg






e0351452_06233575.jpg







e0351452_06233549.jpg


この時点では、作業を終えて大満足。

しかし、葦は、すでに1ミリの成長が始まっている・・・・

怖い話である。

農業の高齢化、淘汰されていく業種にあって、

新潟というところは、もともと葦沼を干拓によって開田した場所である。

ゆえに。

その原風景に限りなく近づいて行って。

野鳥の楽園、ラグーンになるかもしれません。


by ikarashikunosuke | 2019-07-05 06:32 | どうでもいいこと | Comments(0)