人気ブログランキング |

カテゴリ:ちゃがらけ日記( 130 )

8.12 またまた山形に



妻殿と娘の帰省で、温泉に。各方面行き過ぎていて、山形に決定。

湯野浜温泉公衆。200円。いちおし。超熱い。


e0351452_07122852.jpg


亀谷ホテルを作った人。
阿部さん。
e0351452_07274907.jpg

二湯目、湯田川温泉公衆200円。湯田川では、お盆に餅をつくという。さすが城下町、鶴岡の奥座敷。




e0351452_07301516.jpg




e0351452_07122535.jpg

ランチ。酒田市内。いつものそば屋。

酒田港の海鮮丼は50人以上の列。酒田ラーメン発生の柳月満月は、またまた長蛇。

ここは、満席だけど並ばない。近所のじいさんが、カウンターですすりに来る店だし。


e0351452_07273496.jpg

山居倉庫を初散歩。観光名所に立ち寄ることがない。・・が、

お二人とも元バスガイドということで、押さえておくべきところとして、見学散歩。試食。

e0351452_07273949.jpg





e0351452_07284863.jpg



 山形も行き過ぎた。そうかといって福島会津も行き過ぎた。温泉とそば。これしかない。


.

by ikarashikunosuke | 2019-08-14 07:00 | ちゃがらけ日記 | Comments(0)

8月3日4日5日 青春18鉄船きっぷによる北海道の旅・・3


千歳基地を後にして。札幌で牛丼食べて。小樽築港駅を下車。イオンによって買い出し。晩酌セットを仕入れる。
なると屋のざんぎを手に入れて、いざ、船旅へ。


 出航。午後5時


e0351452_06460794.jpg

「離岸」




e0351452_06460750.jpg
「旅愁」




e0351452_06460786.jpg
「青春」



e0351452_06460662.jpg
「獺祭」




e0351452_06460682.jpg
「安価」




e0351452_06460767.jpg
「着岸」





e0351452_06512019.jpg

いつかは、泊まってみたい。トイレ風呂付、窓付きの部屋。

ウナギの寝床側から、下船時に撮影する。

このらべんだあ号。

しいて言えば。

①平水面なのに振動がある。スクリュー軸に油切れか。
②平民が泊まるベツトに、あと10センチ幅が欲しい。

いいところ。

①風呂にサウナがある、露天風呂がある。
②ジンギスカンが楽しめる。
③ビール自販機がふっかけていない。
④手品師のショーがある。


船旅最高。

以前の船旅その1


その2 2014のプサン航路


その3 2012のプサン航路

その4 2008の大阪、釜山、金沢までの船旅


韓国と仲が悪いらしいが、船旅はやめないでほしいね。





つくづく船旅はいい。



by ikarashikunosuke | 2019-08-08 07:05 | ちゃがらけ日記 | Comments(0)

8月3日4日5日 青春18鉄船きっぷによる北海道の旅・・2






e0351452_07313864.jpg






展示では。



e0351452_07313781.jpg

練習機T-4




e0351452_07313701.jpg

レトロF-104





e0351452_07313859.jpg
米国産を倭国産にF-16




e0351452_07313802.jpg

1963年初登場、56歳 F-4幽霊



 空では。F-15

 音音音。

 水平と垂直に通り過ぎる。

e0351452_07313841.jpg


F-16のアクロバットチーム、たぶん米軍も参加して、えれー状態。

次回来るときは、ひそかに決めた場所に陣取る。

飛行機が、旋回する場所、南千歳駅に近い場所。写真撮るより双眼鏡で見るべし。




一方、えぷろんでは。

e0351452_07313747.jpg

 浮かれる男。

 
e0351452_07321628.jpg

 ということで、とむくるーずの親友、とっぷがんいかのあしでした。

つづく。


.

by ikarashikunosuke | 2019-08-07 07:43 | ちゃがらけ日記 | Comments(0)

8月3日4日5日 青春18鉄船きっぷによる北海道の旅・・1



青春18きっぷでいく、北海道。

行程は、1日目。

まず、新潟駅までスクーターで行く。

鉄・・・4.56の始発、酒田行き、途中余目で陸羽西線に乗り換え、新庄に。

鉄・・・陸羽東線で小牛田、お昼めし。

鉄・・・東北本線で、一関、平泉など平気で通過して盛岡。

バス+船 ・・・・盛岡から、岩手高速バス、八戸フェリー、北海道高速バス連携きっぷで苫小牧。

フェリー乗り場までは午後9時には到着。

のり鉄と散歩。船で入浴、ひとりどんちゃん晩酌。最高だ。

では、写真で記録づくり。


出だしは、新庄にて。

新旧がそろう。この新型が出たおかげで、日本は東京の一極集中型に。

左は、山の手通勤ラッシュで大量のサラリーマンを運んでいた列車。


e0351452_10270659.jpg





↓久々の急行食堂前にて記念撮影。

ツーリングと、家族旅行で2回寄ったわ。

e0351452_10270794.jpg

急行食堂の写真と旅記録はこちら。

↓新庄駅前にて。中々、センスは良い。

e0351452_10270721.jpg


↓小牛田駅で食事。550円。

小牛田は、新幹線新古川駅に客が動いて、寂れている。ここも新旧の盛衰あり。

なので、ラーメンもしょぼん。


e0351452_10270701.jpg


↓盛岡駅前にて。
本日は、さんさ踊りの中日。

いい日に当たったが、日中と夜の2番組で3時から6時までは中休み。

踊り子も消えていて、少しずれた観光客となった。


e0351452_10270640.jpg


↓雫石川の鉄橋。懐かしいかな、レトロな橋。


e0351452_10270637.jpg


↓政治家。

わが県の代表は、何かやらかして、秘書にパワハラとかで変ななってます。

iざき・tおる。です。

田島って、きりり。耳もいい。
e0351452_10293682.jpg


↓久々のぱいろん。

駅ビルの中に入ったので、旅の途中に食べられるようになった。

ぺろりん。中盛、600円。ちーたん50円。

お昼がしょぼんだったので、おいちかった。


e0351452_10270784.jpg



↑前回のパイロンの記録があった。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



↓何はともあれ。船に乗ってよく日。こけこっこ。ゆれなかったし。ただ、冷房機器過ぎてた。

この八戸苫小牧フェリー。いわせてもらえば、旧世代の運航方式。

①毛布を400円で借りる方式。借りるために乗船後にさっそく人々が並ぶ。新日海などは、寝床に置いてあるのに。

まあ、チケットが5000円なので、節約させといて、毛布で金とるのか。

②風呂が狭い。どこの航路、走ってたのか。まあ、風呂のない佐渡汽船よりもましか。
リンスとシャンプーが一緒。りんぶー。ここ、大事。

③ビールの自販機がなく、フロントで買う仕組み。おいおい。ただし、電子レンジがある。

旅慣れたおいらは、上記の不具合をもろともせず。

毛布は借りず、長そでのシャツをズボンにしてはいて、寝ることとし。

酒とさかなは、盛岡駅ビルで、値引きシール処理されたやつを買い込み、ワインはペットボトルに詰め替えて。

晩酌場所がなかったので、長距離運転手用ドライバールームにいって6畳間を貸し切りにして飲んで。

(ドライバーは、苫小牧6時到着なのでアルコールチェックの関係で飲み終わっている)





e0351452_10280123.jpg




↓カメラ小僧。


e0351452_10280107.jpg



↓すべったり、ちゃりこいだり、男子のおんんぴっく選手に抱き着いたり議員。

同世代である。
e0351452_10280233.jpg


フェリーターミナルから、苫小牧駅まで歩いてみた。なんたって、バス停で、乗客がごちゃマンと並んでいるし。

おいらは、並ぶの嫌いだし。札幌行きの高速バスチケットを捨てて、朝は散歩なり。

散歩はいいね。

e0351452_10280283.jpg

駅に到着。徒歩、約1時間。

いよいよ、航空祭、千歳入りだ。


 つづく・・・・。


数年前のたびの記録。



.


by ikarashikunosuke | 2019-08-06 11:11 | ちゃがらけ日記 | Comments(0)

7.13 夏休みの旅2日目 水戸、潮来・・その2



出発は、午前6時。

しずか、風なし、くもり。


ここで7.39 宿を出て、右半分のてっこつ。橋が架かっている。


e0351452_09281912.jpg




ここ、8.45

土浦市近し。35年前。百里基地の航空ショー、F15を見に行った時、土浦の駅は軍歌が流れていた。




e0351452_09281972.jpg





終了、13.33。
e0351452_09281835.jpg


それでは写真など。



e0351452_09323315.jpg
出だしの橋。



e0351452_09331725.jpg

ウエイクボードの学生たち。


e0351452_09334844.jpg

おいら。

e0351452_09334856.jpg
e0351452_09463801.jpg

釣れてる。

e0351452_09334875.jpg
正体は、ナマズ。相当数の個体が捨てられている。

なんで食わないの?




e0351452_09334846.jpg

自転車乗りのための施設。土浦市。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

食堂による。

e0351452_09373056.jpg

チャーハンが来た。

まてよ、たんねー。




e0351452_09373092.jpg

ラーメンを追加して。

自転車こいでいる様子を見て、グレープフルーツのサービス。

1050円の豪華ランチだった。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

予科練による、1時間はじっくりと。


e0351452_09392266.jpg



e0351452_09392136.jpg



e0351452_09392212.jpg


館内は撮影禁止だった。

あっさりとしていて、戦争反対平和むき出しアピール感もなく。

日本と向き合った純真無垢な若者と、そして75年前の日本という国のことだった。

神風の最初のメンバーに、予科練出身者がいた。敷島隊。

郊外に回天魚雷が展示してあった。

仕事で出会った人に、鹿児島の回天基地にいたという古老がいた。

もっと多く語れればと思った。

コロンビアのコカインの密輸で、潜水艦が使われたようだ。

拿捕の映像を見た。似ている。潜れず、潜望鏡のみで操作するもの。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


e0351452_09473189.jpg

とにかく1週を終えた。

100キロ。平坦。

軽トラに自転車積んで、下道での燃費、22キロ/リッター。

走行距離800キロ。宿代6000円。高速5000円。夕飯2000円。昼めし1000円。

最初の日はすき屋の朝定食420円。

味のある宿に泊まりたい。次回は、千歳基地の航空祭、リベンジの旅へ。


.




by ikarashikunosuke | 2019-07-14 09:51 | ちゃがらけ日記 | Comments(0)

7.13 夏休みの旅2日目 鹿島、霞ヶ浦


2日目。


3時起床。

シャワーを浴びて。

いざ、身を引き締めて。

鹿島神宮到着。

時計は、4時半過ぎ。よしっ。




e0351452_09192474.jpg





あれま、サンダルだった。

神官も、雪駄だし。ま、いいか。


e0351452_09192507.jpg




参道に、こうべを垂れて一礼。
e0351452_09192432.jpg


武道の神さま。天皇陛下を敬う、さすが神社庁。



e0351452_09192434.jpg






カラスも、参拝中だった。
e0351452_09192586.jpg


この日のことを、帰宅後妻殿に報告すると。

同じ日の午後、ハチに刺された人がいて、奥之院に行けなくなったとのこと。

朝一番、夜明けとともに開店待ち参拝する人間とは、心掛けが違うでしょ。

いよいよ、霞ヶ浦一周サイクリングに。




by ikarashikunosuke | 2019-07-14 09:25 | ちゃがらけ日記 | Comments(0)

7.12 夏休みの旅1日目 水戸、潮来


7.12.13 霞ヶ浦1週サイクリングを計画し実行に移す。

 12日、5時出発、郡山を抜けて水戸、水郷の潮来へ。

 13日は、朝から自転車をこいで、予科練記念館に行く。6時間が予定、走行距離100キロのコースだ。

 

水戸市内、弘道館につく。

斉昭、慶喜の親父が作った藩校。

尊王思想が息づく。水戸派。

会津は佐幕一辺倒。徳川に近い2つの勢力が幕末を迎える。

やがて、水戸徳川は、佐幕勤王で二つに分かれて大騒ぎ。

ここにつくまでに、村々を見てくると、農業を、農民を厚く保護したことがよくわかる。

旅で気づくことが多い。





e0351452_09004307.jpg




e0351452_09005258.jpg



ミステリーサークル。

お礼肥えらしい。

化成肥料らしき粒と色。さすが梅を大事にするお国柄。

e0351452_09005616.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


宿とうちゃこ。潮来。午後4時。

ここがいたこかあー。

第1番に、寂れている。においが上海近郊の村。


e0351452_09003373.jpg


マップをもらう。

宿では食事の提供がない。朝もない。

したがって、近所のスーパーと食べどころを紹介してもらう。
e0351452_09004813.jpg


すでに布団が敷かれている。

フロントは男性一人がいるだけ。ほかに従業員がいない。

素泊まりの気ままさ、そしてわびしさ。

e0351452_09013138.jpg


とりあえず、よく日に備えて晩酌。5時。


e0351452_09005944.jpg



参院。こちらの候補たち。



e0351452_09002936.jpg


サラリと、ブラつく。

しかし、においが、「潟」生臭い。

水郷潮来とは・・・・・語るまい。
e0351452_09000941.jpg


夕食後ぶらついて、聞いたこと。

ここは、赤線があってにぎわった。いまはもう・・・・。

そういえば、山之上のお寺に、女郎の無縁仏供養がある。

農村の娘が売られてきた歴史か。

予科練があった時代は、ここまで軍隊がやってきたのか。

民俗学は楽しいものである。潮来の悪口を言っていたら、蚊に刺された。

ひなびた観光地は、蚊が多い。



by ikarashikunosuke | 2019-07-14 09:18 | ちゃがらけ日記 | Comments(0)

7.7東の風に吹かれて温泉に


信州、木島平村。

訪れるのは25年ぶりぐらいか。

眺望良好。入浴料500円。



e0351452_06383493.jpg





e0351452_06390626.jpg





e0351452_06384288.jpg



 旅雑記
 上越、親鸞聖人の奥さんの墓と記念館無料に立ち寄る。
 県境、新井の、ラーメンすずらん、熱いスープでラーメン570円はよい。丁寧な仕事。うまみ調味料感がない。
 馬曲温泉、漂白剤感あり。たぶん大勢が入りに来るから致し方ない。持ち込み無料の休憩場所があるのもよい。

 近県の温泉に日帰りに行く時代になった。というか、歳になった。
 妻殿が運転手してくれて出かける時代になった。というか、お世話になる歳になった。

.


by ikarashikunosuke | 2019-07-08 06:52 | ちゃがらけ日記 | Comments(0)

6.29.30と東京多摩地方に行く


「ぐつぐつと」

「いい感じになってきたー」

外人が、写真を撮っていく。

日本人が楽しんでいる様子。





e0351452_07063360.jpg


締めは、やっぱ。

コーヒーも、鍋で煮出したし。

インスタントではいけない。

調理器具は山本が持ってきたし。


e0351452_07063400.jpg




山頂で、タバコを吸う人。

あまりいないと思う。ヤマノボラーとたばこ。


e0351452_07063319.jpg



とにかく。

われわれ56歳2名、57歳1名のアタック隊は、高尾山登山を計画し、無事登頂に成功した。

山頂では、ラーメンを煮た。そんな人たちはあまり見かけなかった。

雨だったせいか、都民の山、日本で一番登山客が多い山の頂上は、ごった返しでもなくよかった。

外人も多かった。ミシュランガイドに乗っているし、たぶんケーブルカーがあるし。

都心新宿から電車370円で来れる場所だし。

ここで。

都会の山登りで気づいた点をリマインドしておく。

1.あいさつ地獄がない。「こんち」「こんちわ」を言う人がほとんどいない。

人間が多すぎるから、そんなことしてる場合じゃあない。または人口が多いからそんな無駄な挨拶は省いている。

都の条例で決められている。とすると登山道は都道か。

・・・・・・・など、当初は、3人いるからあいさつは順番の交代でやることに決めていたのに。

2.下りは、コンクリートルートは決して使わない。1号路は整備されすぎていて、下りがすべてコンクリート。さすが都道。

3.外人多し。

4.山頂にノミホビアガーデンあり、さすが1000万人の都の山

5.飲み物は持参すべし。とろろそばが1000円。


e0351452_07063200.jpg



高尾山の薬王院。修験道の山。真言宗智山派。


おいらは、線香を買ってきた。

こちらの製品は、京都東寺におろしている老舗線香屋さんの品物で、間違いない。


e0351452_07063211.jpg





おまけ。

外人部隊の女子。

生大ジョッキを頼んでいたし。



e0351452_07063404.jpg




おまけ。

高尾山山口駅前の、角田山で言うと、長沢茶屋。

ここで、瓶ビールを飲みたい。


稲家屋さん。のぞいてみると、老夫婦がやっているし。



e0351452_07072610.jpg

e0351452_07445248.jpg


続いて、慰労会。

れいの「ポンタ」

宴は、刺身盛り合わせ、若鳥半身上げ、持参の枝豆。

多くは語らず、腸カタル。



e0351452_07072538.jpg



e0351452_07072616.jpg


ポンタと、昨年の飲み会はこちら。





よく日は。東京見物。

新国立競技場、クマケンゴの木の使い方を見学。土木施工士と建築設計士が集まると、こうなる。

その後、東京タワー、芝増上寺、港区役所前公園で脱糞、東京プリンスでおしっこ、日の出桟橋、お休みのところ恐縮でございます豊洲市場。

最後に、1分超過で駐車代金を600円取られた寄生虫博物館などをドライブしてまわった。

ここで気づいた。

休日の都内は、車でスイスイなんだ。

カーナビがあれば、首都高と違ってした道はばんばんだ。


e0351452_07061352.jpg



e0351452_07061210.jpg

 とにかく、今年の修学旅行は終わった。

 老いるまで、修学旅行はつづく。

 飲酒をともなう、大人の修学旅行である。


.

             写真の忘れ物

e0351452_06361870.jpg


e0351452_06361619.jpg
 函館山のふもとの高校に通ってた北島。

 ケーブルカーつながりなのか、黄金のサブちゃんがいた。

by ikarashikunosuke | 2019-07-04 07:39 | ちゃがらけ日記 | Comments(0)

6.15.16 会津に逃げ出す。



土曜日に、「明日は大雨」「ぶーふーうー」という情報をキャッチした。

ならば、農業を早めに切り上げて脱出。

あさの6時から田んぼに行き。作業。10時に食パン1枚で出かけたつけで、ハラヘリ砂漠状態。

一時帰宅。注水。注えさ。

その後黙々と働いて。お昼休みなく。当然、おしんも仕事を終えてから。

午後2時。

親愛なる会津に出かけた。途中、車中で宿を予約、ブツキングドットコム。

一人朝食付き6300円で決定。

宿は猪苗代。リスてる。コンドミニアムキッチン付き。築50年の歴史的建造物。


宿の様子は、最後のほうに載せた、朝食バイキングの写真のみ。

会津らしくない。施設も会津らしくない。おいらに似合わない。

巨大なレジャー施設。ゲームコーナーがある。階段が多い。寂れ感がまったくない。

ということで、翌日は、宿を出てドライブに。そう簡単には新潟には戻らずに、しっかりと会津ることに。

プールのにおいのしない、しっかりとした温泉に入らねば。


旅のルートは。 49-294-118-49. 猪苗代、湖南、天栄村、下郷村、会津高田、上川、五泉、新津。


古い道しるべを眺めつつ・・・・


e0351452_19301379.jpg






どんづまりの一軒宿に。

1泊すると、釜山までの往復航空券が買える。


「庶民には入浴のみ」「お昼はカップ麺で節約し、風呂代とずっべにする」

妻殿相談の上、決定。だいまるあすなろにて。風呂に入る。800円。

e0351452_19121258.jpg
e0351452_19115756.jpg


e0351452_19363181.jpg



e0351452_19115738.jpg


おまけ。

りすてるにて。えげつない、食事の一例。

飯とパンと合わせて食べる。

温玉と卵焼きも食べる。

コーヒーも飲む。部屋にも持っていく。

e0351452_19115734.jpg




おまけ。

e0351452_19115759.jpg

               ちいさな、やまおくのセミ。なんだべさ。

by ikarashikunosuke | 2019-06-16 19:31 | ちゃがらけ日記 | Comments(0)