7.29 新潟県地方は砂漠気候に変更された



 連日の猛暑。7月6日以降に雨なし。3週間以上はからから。

 田んぼは、おかげさまで信濃川水系の水がふんだんに入ってくるものの、稲の体力消耗が激しく。

 肥料が足りない。

 ウナギとか、焼き肉に連れて行くこともできないので、化学肥料を投入する。ことにした。夕方5時を過ぎて、いまだメーターは34度。日中は39度。



e0351452_06434483.jpg




 尿素を水口から直接流し込む方法が現代農業に出ていたので実行。

 5キロづつネットに入れて、ばしゃーだ。

 10アールあたり窒素成分で約2キロ。通常の肥料もまいたので、そっちが1.5キロ。



e0351452_06434742.jpg






e0351452_06435185.jpg

 1時間かけて、水と一緒に流し込み、完了。

 色のムラが出れば、拡散失敗。きれいに広がれば次回もこの方法で、「てぬき農業」

 さて・・・・・

[PR]
by ikarashikunosuke | 2018-07-30 06:56 | 農民日記 | Comments(0)
<< 8.01 水禍がつづく 7.27 生育診断 >>