6.1  広く追悼の言葉が新聞に




e0351452_21510150.jpg

 まったく、彼女の言うとおりの男だった。

 7年間、意識なく寝たきりで、奇跡は起こらず。

 人の死が、人をつないでゆく。

 "あっざす"   体育会系のあいさつではないが、座主のような男だったかもしれない。



通夜の日はこちら


.

[PR]
by ikarashikunosuke | 2017-06-01 21:58 | 自分とか家や家族のこと | Comments(0)
<< 6.1 先を読む 5.31 ベトナムから密使がくる準備 >>