1.3 最後の正月、温泉に

e0351452_21491572.jpg
 友人の山本が迎えに来てくれた。
 恒例の、正月日帰りドライブだ。
 けして、高速には乗らない。けして贅沢はしない。

 いつぞやは・・・
 今回は、津川界隈。
街中の墓場を見学して、あちちの湯に行く。
弁当は各自スーパーで、1け268円。安く。ありがたく。喜んでいただく。

 
e0351452_21490843.jpg
e0351452_21493524.jpg
 ここ、津川は川の津。
 墓場も多様で趣深い。
 ガ島にいった人、満州事変で早々と戦死された人、山間の村は、軍隊に行けば3度の飯があり、衣服も支給されて、そんなんで戦死が多い。

 うはうはと、正月の一時に、山ほどの既製食品を買って、貧しい贅沢をするよりも、清貧に生きねばなるまい。

 おまけ。

 自宅に獺祭が届いた。山田錦を栽培している旭酒造の地元の協力農家からである。
 うんちくは、ここに書いてある。よく読め。
e0351452_21492151.jpg

 ライスワイン。
 つまみ、不要。やはり、食前酒として、いいかもしれない。
 京都での獺祭はこちら↓



.

[PR]
by ikarashikunosuke | 2017-01-04 22:03 | どうでもいいこと | Comments(0)
<< 1.7 本日の日報を読んで 1.1 スローガンにむけて >>