12.15 白鳥救助隊に任命される









本日土曜日。パスポートを取りに行って。

後は暇なり。


「天気いいし」

「海岸まで散歩に行くかっ」

いつもの農道をトコトコ走る。


「おやおや、やおや?」

「何やってんだい?」


e0351452_18251017.jpg

「なんで、そんなとこにいんのさ」





e0351452_18251689.jpg

白鳥の威嚇を初めて聞いた。


観察してみると、羽をいっぱい広げられず、飛び立てない。

助走つけても、浮力が足りない。

首のあたりとか、羽の先がコンクリートで擦れている。






e0351452_18251378.jpg

田んぼにいるほかの仲間たちも心配そうである。



「あいつ、だいじょぶかっ」

とか、

「人間の手にかかる運命かっ」




e0351452_18281668.jpg

「助けてやらねばなるまい」

「さてどうやって・・・・」

スロープ作戦・・・・ななめに板をかけてやって登れば脱出

結果、登ろうとしない。するり潜り抜けて逃げる。すたころさっさー。



用水路が分岐するあたりまで追い込む作戦・・・・

結果、300メートルほど水かきで歩かせたが、どこまで行ってもコンクリート用水路。おいらはバイクで並走したけど。

たぶん、死ぬ気で逃げたのだろう。


最後は、バリケードで壁、そして捕獲作戦。

でも、この手は使いたくなかった。

水路に入らなきゃあいけないということ。

白鳥を手で捕獲しなきゃあならないこと。

しょうがない。

e0351452_18250500.jpg

最後の瞬間。



バリケードにより、観念。

こちらを振り返り、威嚇威嚇。

無事、首を捕まえて、田んぼに出してやった。

おいら、泥足でけられて衣類はだらけ。

いいことをしてやった。

ユーチューブにのせたら、反響あるだろうなあ・・・・


e0351452_18444341.jpg



白鳥の首、持ったことある人。

おいら、56歳にて習得。

くちばしでつつかれることはないことが分かった。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




その後。


漂着船はいないか、パトロール。


e0351452_18501049.jpg

そらからも、お疲れさんです、海保のヘリ。

e0351452_18501628.jpg


いいことしてやった日だったのに。

バイクがパンク。

スタンドもダメ、内野のバイク屋もダメ。

そのまま走行して10キロちかく走る。。

タイヤからチューブがはみ出てきた。

全損だな。

ユーチューブどころではない。


もっといいことがありますように。

白鳥の恩返し・・・・・・・・・

[PR]
# by ikarashikunosuke | 2018-12-15 18:57 | どうでもいいこと | Comments(0)

12.10 正月準備、鮭を干す


今年は、10匹。

e0351452_07543358.jpg




うち、1匹は塩不足でカビが出て、野外にて鳥たちのえさに。

みせしめ、いけにえ。


e0351452_07544980.jpg





ネギも掘らねば。

e0351452_07544211.jpg

[PR]
# by ikarashikunosuke | 2018-12-11 07:57 | どうでもいいこと | Comments(0)

ベトナム行きそびれ旅行記・・・つづき


 4日目

 大田テジョンからソウルに向かう。

 kTXなので1時間で到着予定。
e0351452_12175707.jpg
 テジョンの駅。TGVをまねした列車がやってきた。韓国にはこれとSRTという二番目新幹線があり。

 むぐんふぁという普通列車も魅力的。20年ほど前に乗った時は食堂車がついていて風情があった。


 
e0351452_12264151.jpg
e0351452_12270837.jpg
 ソウル駅に到着。

 南北融和のパネル展。 南北の鉄道がつながれば、モンゴル経由ロシア、ヨーロッパの鉄旅もできる。

 やらせ的な写真だらけだった。

 宿に行く。やどはいつものエリア。きょんぼつ君の隣。インチョン行き高速バス停から100Mエリア。

 キムチゲストハウス1泊3400円キッチン付き。オンドル暖房。バストイレ共同。

 お昼なので飯を食う。

 あっったまろう。

 
e0351452_12292361.jpg
 宿のわきの通りは、200メートルぐらいつづく飲み屋飲食街。

 酔っても、すぐに帰れる場所は居心地が良い。

 スンドブチゲ500円。ぐつぐっつ、いや、グッツグツ。

 あったまった。腹も満ちた。ソウルを歩こう!!

e0351452_12292719.jpg





セジョン大通り。写真の奥が王宮、きょんぼつ君。あいかわらず広い。

日帝時代は、総督府の建物があった。当然取り壊された。

 いつものルーティーン、南大門と明洞をふらつく。ブランドとか購買意欲なく、ダイソーに行き、軍手と帽子を探しくいく。

 というのも、ソウルは、プサンに比べて、寒い。しんそこ寒い。

 宿から出てくるときにはいた、海水パンツが役立っている。

 もしもダナンの海で泳ぐかもしれないと忍ばせておいたグッズが役立った。ビーチサンダルのほうはまったく不用品。

 さて。ダイソーは。

 100円ではなく500円の品が多く、日本とコンセプトが違う。軍手などの手袋も売っていない。ニューヨークヤンキースの野球帽もない。
 おしゃれな手袋とニットの帽子。南大門の露天呉服商とおんなじで安さを感じない。

 クリスマス商品のコーナーに、サンタの帽子とひげがあった。

 「これ、温かいだろうなあ」

 でも、買わなかった。

 明洞をうろつく。露天商が客を寄せている。

 ほとんど中国、関西人。頭に風呂敷まいたインドネシア。


e0351452_12293246.jpg
e0351452_12294047.jpg
e0351452_12294532.jpg
 おいらの夕飯。

 ナクチパプ。ゆでだことキムチ野菜の混ぜ飯。

 これをつまみにビールとそじゅを飲む。

 げいがない。刺身もない。口の中の味は1種類。

 腹が満ちれば、あとは寝るだけ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 5日目

 起床。台所でチャーハンを炒める。

 出発進行。まずは、きょんぽつ君にいこか。3回以上目だけど。

 
e0351452_12485767.jpg
e0351452_12490663.jpg


 
e0351452_12485147.jpg
 今回は、きっちりと音声ガイドで。

 まあ、内容は。

 日帝時代に、あーしたこーしたから始まる音声ガイドが多い。


  宮殿敷地を1時間は散歩した。

  見世物の衛兵交代式も始まってた。

 
  よし、韓国の歴史、おさえたぞ。

 前々回の旅、振り返り。



5日目午後からは、韓国歴史博物館へ。

こちらも音声ガイド付きで。

明治時代から動いてきた歴史がひとわかり。よく構成されている。ばしょはここ。

e0351452_13050321.png




e0351452_12555310.jpg

e0351452_12544935.jpg

 分断の歴史。世界中で同一民族が分けられているのはここだけ。


 
e0351452_12545296.jpg
 日本の技術をもらって。

e0351452_12550565.jpg
 日本のアニメをまねして。

e0351452_12545543.jpg
 プロレスの興行も。


 
e0351452_12554868.jpg
e0351452_12553681.jpg
e0351452_12553254.jpg
e0351452_12552628.jpg
e0351452_12552290.jpg
e0351452_12551656.jpg
e0351452_12551388.jpg
 歴代大統領

 民主化後の大統領は、のてう、金泳三、金大中路線から。その前は軍事クーデター政権。

 なので、まだまだ未成熟。わかるわかる、よくわかる展示だ。

 ここは、行くべき。

 しかし。

 「ぱくくねくねは、飾られていないなあ」

 大統領が自殺に追い込まれたり、逮捕されたりする国だからなあ。

 爆破暗殺などもあり、最高裁判事が起訴されたりもする。

 音声ガイドセット返却にあわせて、

 「たいへんいい展示でした」といいました。

 歴史も学び、行くあてもなく、宿に戻る。

 荷造りして、晩飯。

e0351452_13191126.jpg

ブテチゲといったら、キムチチゲということで、乾麺いりのブテチゲ風のが出てきた。

よし。これで酒を飲む。


e0351452_13192185.jpg

ダイナミックに煮えてきた。



e0351452_13192535.jpg

たらたら飲んでたら、チヂミが出てきた。まだまだ飲める。荷造り終ってるし。


もう一軒いこっと。

e0351452_13234002.jpg


e0351452_13235806.jpg

 この店。店長さんが辻調理師学校1年修行してきた人。

包丁さばきを感心していたら。

「ぼん」

「どうぞ」

「えっ」

「サビス」

e0351452_13234691.jpg
 刺身降臨。

SNSで拡散しそうな人を狙い撃ち。3きれのサビスが人を呼び込む。

まあ、多くのジャポンは、明洞あたりがほとんどで。

この通りまで来ることはまれだと思うが。

近所の居酒屋にデリバリもやってて。がんばってる感あり。


e0351452_13540400.jpg
参考までに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最終日。5時半起床、シャワーのちチャーハン朝食。

6時42分のリムジンで空港へ。1000円。

切符をもらって出国。

なんとかベトナム入国リゾート組と空港で落ち合って、新潟に戻ることができた。




 旅の反省点。

 パスポート残期間事件。航空券スペル誤り事件。未使用航空券キャンセルもれによるペナルティー事件。

 この3点は肝に銘じておく。

 それと、しばらく韓国はいかない宣言をしておく。


.

 
 

[PR]
# by ikarashikunosuke | 2018-12-09 13:34 | ちゃがらけ日記 | Comments(0)

12.1-6 ベトナムに行きソビレト連邦共和国


 1日目。

 予定通り、新潟空港到着。チェックイン開始。

 「お客様、ちょっと」

 「はい、なんですか」

 「お客様のパスポートは、有効期限が6か月ないので、行くことはできません」

 「ベトナム空港に行っても、入国する方法はないでしょう」

 晴天、脳天の屁きれき。

 ツアー4人のうち、旅行師範のおいらがすべて手配をしている。

 「やめようか」「いや、絶対行ってください」

 「おいら、うちに帰りたくない」「休暇返して仕事行くの嫌だし」

 思案化ナトリウムをなめる。

 「3人のサポートする、なので行くこと」「よしっ」

 「おいらは、韓国インチョンで別れて、一人旅をして、またインチョンで合流」

 そんなことで、ベトナムの写真はありません。

 

 1日目の行動後半は。

 インチョンから釜山行きの高速バスを手配。

 釜山のゲストハウス、1300円で手配。

 娘にメール。「またプサンに行くことになった、明日飯を食おう」

 
e0351452_17010727.jpg

 高速バスで5時間、老圃駅に到着夜11時。

 宿に荷物を置いて、深夜飯を食いに出る。
e0351452_17100446.jpg
 テジクッパとビールとめくちゅ。豚ゆえに、鳥あえずこれですこし落ち着く。

 ビーチリゾート28度の温帯に行くので、スーツケースには半そでとビーサン。

 部屋に帰って、日本から出てきたときの長袖は大事にして、それだけ脱いでベットに入る。

 2段ベットの上段だったので、静かにしないと皆さんに迷惑がかかる・・・といっても、爆いびきなので、大変迷惑をかけることになると、一人一人に言うわけにもいかず。

 ZZZZZOOOO・・・・・・・ 




e0351452_17161268.jpg


e0351452_17161617.jpg
 2日目の午前。

 ゲストハウスの屋上に出る。

 場所はチャガルチで、2段ベットの部屋、窓もなく風景は良くないが場所はいい。

 ルーム7・・・・・この最上階の1人部屋を貸し切って滞在もいいな。ここなら屋上スペースでいびきかきほうだい。


 飯を食いに出る。


 
e0351452_17203268.jpg
 ここの。


e0351452_17203604.jpg
 これがうまい。500円。

 塩サバ。ご飯は五穀米、回転のいい店ですべて新鮮。炊き立て。

 これだけで、プサンに来たかいがある。

 そうではなく、また娘に会いに来たということも大事だ。

 ベトナムに行けなくても、韓国で楽しむのだハムニダと自分に言い聞かす。


 
e0351452_17245013.jpg

 いつもの風景だ。

 釜山にもう一泊するので、お寺ゲストハウスに荷物を運ぶ。PKゲストハウスとお寺ゲストハウスは、直線だし100Mしかはなれていない。
 お寺ゲストハウスは1700円。釜山が一望できてこの値段は安い。毎回利用している定宿だ。

 リュックを担いで散歩に出るが行くところがない・・・・・。やばい。夕方まで何かしなくちゃ・・・・・・。


 「バスに乗るか」「できるだけ路線が長そうなのに乗ろう」

 チャガルチからなんぽにいき、橋を渡りだした。影島に行くのか。

 リュックを担いでいる人に合わせて下車した。

 「おおー、知らない釜山が見えてきた」

 海岸散歩コースがあるではないか。

 
 
e0351452_17304555.jpg

ポーズする人。ハイキングウォーキングの人たち。

この日。釜山はぽかぽかだった。





e0351452_17304965.jpg

海にお供え物をして、儀式している人。

韓国式なんだと思う。



e0351452_17305218.jpg

釣りしてる人。岩場が多くて深みがあるから、クロダイにはいいのでは。

e0351452_17305521.jpg

 海岸の遊歩道から、山に向かう分岐点に、食事場所がある。

あがたちが貝などを加工している。

おいらは、コーヒーを飲んで一息ついた。2時間歩いた。健康だ。

いいぞ釜山!

ベトナム組は順調らしい。ラインで確認する。



 2日目の午後。

 今度は、反対側のでっぱりに向かう。向かったというよりも、散歩を終えた場所からバスに乗ったら、反対側の半島に行ったというだけで。自然に任せて。バス1回120円だし。何度乗り換えしても120円だし。

e0351452_17374694.jpg

こんな、海上ケーブルカーがあって。


e0351452_17380519.jpg
さび止めした鉄の遊歩道があって。

かれこれ30分歩いた。

よし、いいことしてるぞ、おいら。

e0351452_17380056.jpg
キンパブ500円。

2本は多すぎた。おみやげに。


宿に戻ってシャワー。着替え。娘とソミョンで待ち合わせ。前回泊まった東横インのフロントに。


その前に散歩。市場まで。

200円でベストを買う。ぱっちもんだが機能性はいい。

「いい買い物だわ」

「おおー、これもしとこっと」
e0351452_17414789.jpg
とこや。

20000が半額。5000Wと書いてある。

「カット&シャンプーで、1000円あればいいだろう」

順調に刈りこむ。

「シャンプーちゅせよ」

「セルフサビス」といわれ、洗面台に連れて行かれる。

自分で頭を洗った。まあ、かゆいとこないですかと聞かれるよりも、自分でかけばいいので、気楽といえば気楽。

ドライヤーとか面貌が置いてあり、乳液も自分で。

トニツクを顔にかけ、スキンローションを頭にかけたようだ。

「ハングルと英語で表記しておいて栗」

500円だった。

この店も、押えておこう、ソミョン市場の入り口だ。


e0351452_17500943.jpg

うわさの全州食堂に。

ばんちゃんがすごい。全部やさしい味だ。

「のりも、サビス」

韓国は、英語文化は伸ばさない。コーヒーはコピ、サービスはサビス。

ちなみに、ハッピークリスマスは、「ヘピクリスマス」

「ヘピって、屁肥か」

2時間ほど娘と過ごす。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 3日目。

 老圃の駅にむかう。とりあえず地方行バスで乗り継いだ場所に泊まろうと計画する。

 途中、娘の大学がある。

 「昼飯を食おう」とメールをすると、韓国風にいうと、オケがでた。

e0351452_17560410.jpg
ビビンミョン450円。つめたい。

ときこククス350円。ぬるい。

まあ、十分か。


 高速バス、テグ行きがちょうどあった。

e0351452_18034128.jpg

「のれ!」指令が出た。

 1時間ほどで着いた。ついたら雨だ。外に出れない。バスに秋田、もとい飽きた。

 東テグ駅は、バスターミナルとKTX高速鉄道が隣接していて便が良い。

 「テジョンまで一気にイコカ」

 関西弁カードののりで、KTX乗車、1時間。

電車の中で宿を予約する。書く国の鉄道と、優良高速バスはワイファイがついていて、すこぶる快適だ。

 駅から近い宿・・・・安くて・・・・

結局、豪華なモテル、インカモテル5000円になってしまった。たまには出費もいいか。

e0351452_18035731.jpg
 韓国では、一人だと焼肉を焼いてくれない。二人前からになっている。

 おいらは焼肉屋で、焼き肉のカス汁ごはん付き480円とビルとソジュで、大田をうろついた。

 なんもない。

 モーテルの写真もない。えげつない飾り付け。ただ、NHKワルドが放送されていた。

 モーテルなのに朝食付きだった。みんな泊まっている男女が顔合わせて、へんじゃないかと考えた。

 朝食は、各階の中央に食パンとトスタとバナナとジュスと茹で卵が置いてあって、皿にもって部屋にもっていくのだった。




 (ソウル編に続く)





 



[PR]
# by ikarashikunosuke | 2018-12-06 18:10 | ちゃがらけ日記 | Comments(0)

ダ・ナンに行ってきます。



 夏に予約したダナン行きの日やってきました。

 南のホーチミン、北のハノイ、そしてミドルのダナンで、これで南北をつなぐ旅の拠点作業が完結します。

 かの地は、現在雨季にはいってます。スコールが2回ほどあって、あとはむしむしらしいです。


 キンカン持っていきます。

 例によって、ざがさないでください。







 前回はこちら

 

[PR]
# by ikarashikunosuke | 2018-12-01 09:23 | どうでもいいこと | Comments(0)