伊勢か出雲か、しじみかはまぐりか

  
e0351452_341842.jpg



  伊勢神宮に転進すべきか。

  出雲大社に行くべきか。

  「娘と一緒に旅行するなら伊勢、台風の心配ないし」

  「娘がはよ、嫁に行ってしもれっ」

  「縁結びの神様だからよ」

  人が言う。

  それもそーだがつお。

 18日、土曜日は、出雲、稲佐浜の民宿に宿泊、そして参拝。念願の山陰紀行の予定だ。

 「ニツポン、あちゃちゃ、台風11号かあー」

 えいやすのテレビも、そんなこと、言って応援してるし。


 
e0351452_37679.jpg



 「赤信号のサイン、紅しょうが」

 「イエローカード2枚、黄色のこうこ」

 えいやすのチャーハンまでもが、ハザード出してるし。

 ん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ん。


 鳥取砂丘のラクダと砂、台風で飛ばされて立ち入り禁止になると悪いので。

 食後、鳥取砂丘をイメージして海岸を走ってきた。




  まあ、台風だろうか、旅に出てきます。

 例によって、探さないでください。


 
e0351452_393567.jpg




 (去年の連休は瀬戸内紀行してたんだはコチラ)

 (と、コチラ)
.
[PR]
# by ikarashikunosuke | 2015-07-16 20:59 | どうでもいいこと | Comments(0)

枝豆農家の取材に遭遇


 BS-TBS 路線バスの旅・・らしい。


  
e0351452_3165948.jpg


 黒鳥のはじっこに人だかり。

 「なんだー」

 「テレビが来るー」

 「枝豆の宣伝取材らて」

 
e0351452_3191848.jpg


 「なんでカメラ用意してん?」

「なんかあるとわるいから、いつでも持ってるんよ」

 「へー」

 おいらなりに取材する。

 こいで、茹でて、試食するまでを収録するやうだ。


 
e0351452_3243799.jpg



 
e0351452_324515.jpg


 「美容と健康、お通じにもいいんですよ」

 O-いわのせがれがリポーターに言う。

 お通じとか、このへんではいわねろがっ。

 おいら、つぶやく。

 「意外とマイク、音拾いますから」

 取り巻きのテレビクルーがいう。

 スタッフってみんな、ズボンが短いなあー

 おいら、つぶやく。

 「けつこう、走りますから」

 夕方になり、蚊が出てきた。

 俳優に虫除けスプレーするメイクの女性。

 足元をかくスタッフ。

 ん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ん。

 観察するときりがない。

 8月放映の番組を見ることにするさ。


 村上の岩ガキ食べて枝豆食べてバスの旅・・・らしい。


 写真解説

 1.待っている人たち、いちお、エプロンつけてる。黒猫がくる。

 2.枝豆の箱、黒猫が持ってった。

 3.俳優がきた。洗濯機で豆洗うの見てた。
  オレンジの服着てた。西区カラーもしくはスポンサー、アルビカラーを意識してのことか。

 4.試食までの合間、多少緊張が解ける。俳優はリメイク中。




.
[PR]
# by ikarashikunosuke | 2015-07-16 03:28 | 越後・新潟・木場のこと | Comments(2)

コードネーム「103」




  
e0351452_7242623.jpg


  コシヒカリよりも、丈が短い。

  光り、粘りがよい。

  高温温暖化に強く、晩成品種である。

  大粒である。


  コードネーム「103号」

  名前はまだ決まっていない。

  平成29年デビュー。新潟県としても、新潟コシと双璧をなすブランド米にしたいということだ。



 参考までに、個人的な自己主張米の要件。


 粒は、大小取混ざっている方がよい。大粒が、けしていいわけではない。

 すしの握りが、大粒の米1粒だったらどーする。

 レモンぐらいの米1粒食って大満足ってなったらどーする。

 極端すぎた。

 
 晩成の米はうまい。これは間違いない。

 柿や栗、関サバ関アジ、激しい環境、寒暖差が大きい時期の収穫物は皆そうだ。


 仕事に関係して、売れるお米づくり推進大会に参加してきた。




 本日、新潟地方、外は37度ぐらいの熱風あり。

 聴衆者は涼・快適に甘んじて、伏せ目の人が多かった。

 農家の皆さん、頑張ってください。

 たぶん、朝早くから仕事をされていたに違いなく、午後1時半からのこうした会議は、夢遊の境地に陥れるられるのでしょう。

 
e0351452_7331591.jpg





.
[PR]
# by ikarashikunosuke | 2015-07-14 07:33 | 越後・新潟・木場のこと | Comments(0)

夏休み、2日目

  
e0351452_17485338.jpg



   今日は、五ケ浜で、シュノーケリングとサーフィンだ。

  ということにした。

   意気揚々、午前10時。


  まずは風なし。潜行準備。

  隣のチームは自家製のもりを携えている。


  
e0351452_17505196.jpg



  「おいらは、竹のやつだから、ほんと水遊びでさ」

  「ネットみたりして、すべて手作りです。ゴルフのカーボンシャフト使ってます」

  「すげっ」

  「んじゃ幸運を祈る」

  「おたがいに」


  先発で潜行開始。

 「見渡す限り、ふぐのしん、ぷっくりちゃんパラダイス」

 「だめだこりゃ」


 戻ってしばらくすると。

 じゃじゃーん、やつら。


 
e0351452_1754997.jpg


 35センチオーバーのチヌではないか。

 「巣で、うろうろしてましたー」

 「今季一番の大物です」

 すごい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 おいらも、自分用の銛、製作に入ります。



  ただし。


 
e0351452_17554717.jpg


  肩から腕のあたりを写真に撮って、

  「乱暴」をきどっているおいら。

  もとい、皆さんおわかりのとおり、「ランボー」

  正真正銘、ぷよふぷよ、ぶよぶよのおいらだ。


 本日風もなくウインドできず、収穫の獲物もなく、五ヶ浜どころか、後家浜だ。





.
[PR]
# by ikarashikunosuke | 2015-07-12 18:01 | どうでもいいこと | Comments(4)

夏休み、初日


 といっても、おいらにとって、海に潜れるようになる4月後半からは、いつでも夏休み。サーフィンが出来る季節になれば、よりアクティブな夏休みだ。

 でも、今日は、なんかまったりと夏休み気分。


 ということで。

 
e0351452_635429.jpg


 農道用の生涯の友人カブといっしょに、プライベートビーチに。

 ズボンはハンドルにかける。

 ヘルメットは、以前拾った漂着物、涼しい工事現場のやつ。

 「それそれそれっ!」



e0351452_638688.jpg


 生涯の友人足ひれを装着し、おとこマーメードになる。

  ついでに、漂着していた救命胴衣を拾って装着。

  「防海・・・・・・・・中国のやつだ」


  ただよう、ひたすらただよう。

  吉田類の言葉を使えば、磯場放浪記。


 
e0351452_6414817.jpg



  そこそこのカキを採り、晩酌の素材とする。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 晩酌は、枝豆1キロ、アジフライカキフライ、インゲン胡麻和え、漬物各種。

 ああー、のんびりした。


 (翌日の朝、記す)




.
[PR]
# by ikarashikunosuke | 2015-07-12 06:44 | どうでもいいこと | Comments(0)