<   2016年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

11.26 冬になると行きたくなる場所




 天気が良くなると、でかけてしまうま。

 なぜか、引き寄せられてしまう場所がある。

 びーち、こーみんぐ4G海岸あんど越前浜海岸。
 
e0351452_09455707.jpg
 


 なんか、ないかなー
e0351452_09460547.jpg
 北の工作船!

 小さすぎる。海岸付近漁村の仏教儀式か。南無十方佛とある。
 苗字に特徴はなく、どこから流れ着いたかは不明。しかし精巧に作られている。



e0351452_09455131.jpg
 あやう、持ち帰るところだった。カニ捕獲用か根ざかな用か。


e0351452_09462285.jpg
 めだまおやじ。

 漁師は、こういうの平気で捨てるからね。こまるわ。


e0351452_09461783.jpg
e0351452_09535967.jpg
 もーたー腹具合どうだー。

 もとい、モーターパラグライダー。

 150CCエンジン、アメリカ製。

 「海に落ちたら寒いでしょうね」
 と聞くと。

 「重いので、即、沈みます」
 「いちおう、救命具つけてますけてど」
 海に着陸は死を意味するそうだ。なので、障害物のない海岸線すれすれを飛ぶということだ。


 海から一般道路にもどり。

 やっぱ、職業柄、農家を見に行ってしまう。
 そして、インタビューなどしてしまう。

 
e0351452_09461114.jpg
 1本25円、10アール反収6500本。すべて漬物工場に。
 白首は煮物にすると苦みが出る。なので漬物用に適している。

 そこそこいい写真が取れた。記事をストックして、1月に出す業界用広報誌に乗せる予定だ。

 来週の土曜日から上海経由バンコク。
 視察先、クボタサイアム社に決定。

 少し忙しくなる・・・・・というか、ひさびさ1年ぶりの海外旅行だ。

 (放置民の視察は⇒)



.

[PR]
by ikarashikunosuke | 2016-11-27 10:04 | どうでもいいこと | Comments(0)

11.25/26 月岡にて



    そうとうぶりの月岡温泉、宿泊じゃった。

 
e0351452_12353463.jpg
    ごちそうが順番に出る夕食。
    それも個室にて。



e0351452_12354247.jpg
    こんな、洋風のおしゃれな品物を出されれば、いやがおうでも・・・・・。



e0351452_12355121.jpg

  頼んでしまう。アルコールサイダー。

  給仕の担当に、

 「うちら、いちおう、不倫なんでー」
 「こっそりでお願いします」

  とか。

 「いちおう不倫なんで、おしゃれな飲み物とかが・・・」

  などと、笑わせて。
e0351452_12355759.jpg
 デザートまで、コースでやく1時間半。
 
 まったりとした時間を過ごした。

 思い起こせば、25年ほど前、仕事関係の忘年会はこちらの温泉でということで、毎年行っていた場所で。
 その後、職種が変わり、また子育て世代がなが続き、とても贅沢な温泉旅館なぞと、遠のいていたが。

 いい旅館でした。

e0351452_12360392.jpg

 部屋は、貴賓室の真向かい。
当然、眺望もよく。
寝るだけならば貨物室でもいいのだが。

このからくり。
妻、昨年の忘年会で、ホテル無料宿泊券が当たり、1年たっても泊まることがなく、
「期限がきてしまう」
「無理してでもいく」
というので、
金曜日午後、仕事を終えて7時到着、乾杯。
寝て起きて土曜日、7時半、宿を出て村の仕事に戻るという、
きわめてせわしない温泉泊まりであった。
また、夕食時に使った不倫相手とお泊りというジョークは、あくまでも、もしもの話であり、
げんに、隣区の和菓子屋のチームが、忘年会をしていたようで、朝ぶろで遭遇。
熊に出合ったような感じで、あれまあーとなり。

こんなところで不倫は無理無理、ばればれになるということも、承知しておかなければなるまい。

いずれにせよ、11.22、いい夫婦の日を3日後に実施したおいらであった。


.

[PR]
by ikarashikunosuke | 2016-11-26 12:52 | どうでもいいこと | Comments(0)

11.23 勤労感謝、己を磨くということ


e0351452_10385659.jpg
 己を磨く知恵もなく、場所もなく。
 50肩で、名実ともに腕上がらず。
 つまり、なにごとも上達せず。

 ただ働いていられることに感謝し、車を磨く。

 といっても、洗車機械に委託しただけ。

 たまに車の写真をのせておかないと。
 我が家はやたら、消耗品として車を換えすぎる。スリッパのように捨てる。

 というのも。
 もうすぐ、15万円の車がやってくる。

 去年。
 冬の間、12月から3月まで、農業用1.5トントラックで職場通勤した。
 今年もそうするべいかっ。
 
 駐車場オーナーに電話。
 「あのー、駐車場、冬の間借りたいんですけどー」

 「軽自動車のところしか、空いてないんですよー」

 やむなく、軽自動車を購入。自動車屋さんの古い代車(不人気者)を、2年車検とってもらった。

 一汁一菜、質素倹約・・・・でもないか。

 ギャランコスモファミリアコロナセドリックグロリアマーク2クラウンバネットカーゴクラウンファンカーゴビッツエリオクラウンミニカ。

 最後のミニカがやってくる。小さいがミニカーではない。


.

[PR]
by ikarashikunosuke | 2016-11-23 10:52 | どうでもいいこと | Comments(2)

11.20 富士さんがとどきました


 いろはからの写真。

 東京は、まだまだ秋っぽい。
e0351452_16391648.jpg
 渋滞がなければ、関東は相当いいね。

 江戸っ子だけがすんでいたころの江戸は良かったと思う。

 宵越しの金はもたねー。

 べらんめー。

 大岡様や、きんしろーが市中を護ってくれていて。
 
 バスガイドの特権。

 観光地に行ける仕事。がんばれ娘へ。


.

[PR]
by ikarashikunosuke | 2016-11-20 16:46 | 東京通信史 | Comments(0)

11.17 金沢に滞在して




e0351452_07581645.jpg
 金沢で泊まりの研修会があった。
 とりあえず、昼間は激しく、いや、やや激しく勉強し。

 こんな風に、夜は繰り出す。
 市内で同じ仕事をする各区6人、(ややはずれもいる)(ずれている)かもというのもいれて、串焼きに。

 少し冷静に考えてみると、金沢の物価が上がった。
 飲み食いは相変わらず高い、宿屋も2000円は寝、上がった。

新幹線の影響で観光客流入、台湾関係者流入。
 ぎゃくに新潟からだと、途中鉄道連結がだめだめ区間ができたせいで、いまいち。
船を買いそびれた前の知事、やっぱりそんな観光とか物流面はだめだったのかもしれないな。



 さてと。
 それでも金沢2軒目。

e0351452_07580781.jpg

 ネットで見つけて用意していた、立ち飲み屋。
 1本100円、130円。生290円。おでん100円。
 コウデナクチャー!


e0351452_07582133.jpg
この晩。金沢駅前あたり、ありがたい説教があるラーメン屋を含めて3件、しめの部屋飲みハイボールでうまく締めくくり。





 よく日。
 近所に門徒の金沢別院があることから、7時の勤行に参加。

 
e0351452_07583016.jpg
e0351452_07583717.jpg
 京都には及ばないものの、5.6人が勤行に来ていた。
 旅とお寺。
 朝のお勤めはいいと思う。




 
 バスで片道4時間、金沢に観光地なし。食のみやこ新潟がだんぜん良い。

 きたれ食道楽。冬の越後国へ。


.

[PR]
by ikarashikunosuke | 2016-11-18 08:13 | ちゃがらけ日記 | Comments(0)

11.16 本日、金沢に主張しにいく


もとい。出張。

新潟も光柔らかく天気よし。朝の窓から。
これから、バス旅4時間じゃ。
e0351452_07330298.jpg
出張と観光。
旅とごちそう。
仕事と遊び。

んーん、両輪なり。


以前の金沢こちら↓

去年の金沢、能登まで散歩はこちら↓


.


[PR]
by ikarashikunosuke | 2016-11-16 07:34 | どうでもいいこと | Comments(0)

東京通信:晩秋

e0351452_07283285.jpg
 どこだろう。

 いっけん、タイの仏教寺院。正面奥の建物がヒントか。
 国会議事堂っぽいな。


 
e0351452_07284211.jpg
 どこだろう。

 ヨーロッパにありがちな風景だ。

 こういうのに、女は弱いわ。

 娘から、東京の写真が送られてきた。

 駅南、けやき通りとおんなじ風景。

 こちらも冬支度なり。

 〆張鶴一番搾りが届いた。満喫せねば。


.


[PR]
by ikarashikunosuke | 2016-11-15 07:30 | 東京通信史 | Comments(0)

11.14 麦をまく


 
e0351452_21104959.jpg


 やっと来ました。麦播き隊。
 昨年と、ほぼ1か月のタイムラグあり。

 だいじょぶか。

 
e0351452_21103933.jpg

 彼女、彼らもいそがしく。11月中旬に。

 なので、気温の低下が予想されるので、浅く種まきするため、まいた深さを観察し。

 「もっと上げよう」

 けつこう、親身になってやってくれてるわ、クボタレディース。

 まったく農家でもなく、農学部でもなく。

 (昨年はこちら⇒)
e0351452_21112002.jpg
 


 いい日でよかった。


.

[PR]
by ikarashikunosuke | 2016-11-14 21:17 | 農民日記 | Comments(0)

11.13 板井神社の棟上げ



e0351452_17300339.jpg
e0351452_17300974.jpg
 午後2時。祝詞。上棟式の儀式が始まる。

 隣村の板井で、神社改築。
 神社の土地のわきに、堤防改修と環状道路が走るということで、村人が改築を決意したというわけだ。
 
 お昼に、近所の食堂に行ったら。
 
 大工の棟梁がいて、
「これから上棟式、越後国いかのあしさんも、来てくださいよ」
「いや、隣村の人間が、餅ひろいにいったら罰が当たるしー」

 といいつつ、めったにないことなので、カメラを持って出かけた。

 村人こぞりて、餅ひろいに出かけていたよ。

 肝心のすみ餅争奪戦は、昔は「こどもはどけっ!」って言われたけど。
 いまはそんなに激しくないね。


 ぴっちゃー。
 
e0351452_17353021.jpg


 きゃっちゃー。

e0351452_17353517.jpg


 画面中央と右下。
 勝ち取った人は、村で自慢できる。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 餅まきほど、おおげさではないが。
 
 友人のYもとが孫を連れてきていた。

 彼も、いや彼の次の世代の娘夫婦が、家をリフォームしている。

 「家、見ていくか」

 「おお」

 こちらも、一世一代の大仕事である。

 



 
e0351452_17393572.jpg
 「孫よ、もう、あなたたちの時代ですね」



e0351452_17415152.jpg

 一部解体、住む人に合わせて、作り変えていく。

 骨組みは変えない。屋台骨はぐらつかない。

 農家とは、そうして暮らしていくものだ。


 

.

[PR]
by ikarashikunosuke | 2016-11-13 17:44 | 越後・新潟・木場のこと | Comments(0)

11.11 われ、かにとたわむる


e0351452_06073722.jpg
 真剣勝負。おたがいに、命がけ。

 「おめーが逃げ出したら、大変なんだよ」
 トングをもつおいら。

 「てめーなんぞに、命やれねーよー」
 強力な握力の持ち主。

 トングをギシギシ締め付けてくる。はんぱねえー。
 トングって、韓国語あたりかと思ったら、火ばさみという意味の英語だった。

 「激突、はさみVSはさみ」


 
e0351452_06075327.jpg
 水責め、火攻めにより、やつ、討死。

 昨日は、信濃川艦隊6、鮭遡上一味を、焼き漬け、塩引きにして12時までかかり。
 本日は、川ガニがとれたとの電話により知人宅に急行。

 日々の心得。
 「いただきます」「なんでも」

 越後木場に住む男、その名は大聖人「空海」
 もとい、大食人「食快」

 それでは、食うかいー!

e0351452_06074313.jpg
湯上りのやつら。塩少々、沸騰して15分。

 「いた、だきます」


.

[PR]
by ikarashikunosuke | 2016-11-12 06:21 | どうでもいいこと | Comments(0)