カテゴリ:農民日記( 54 )

3.20 やっぱ農作業


 一日。田んぼ直し。
 まったく、雑念なし。
 3連休は、遊びなし。

 それでよい。そんでもって。
夕方に、人助けあり。

e0351452_18184030.jpg


夕方に帰宅すると、よげんのじじがトラクターを落とした。
わきみ、よそみ。

最初においらのトラクターで引っ張るも、ダメ。
 かくざえもんの新型イセキトラクターをつないで、2台で引っ張るもダメ。

最後にごれんのユンボがきて、釣り上げて脱出完了。

集まった人たち。
村人6名。

しきりに助かったを連発するよげんのご老体。

春作業が始まったばかり。
気を付けていきましょう。

e0351452_18183461.jpg

 なぜか、画像も横転。

臨場感を出す工夫。

というか、なおせない。




.



[PR]
by ikarashikunosuke | 2017-03-20 18:25 | 農民日記 | Comments(2)

3.19 ねずみの毒撒き作業


 村普請に続いて、本日はねずみの毒まき。


 
e0351452_10244388.jpg

 午前八時。
 効き目のない、リテラミンという毒をまく作業にかりだされる。
 ゴルフのハーフくらいは楽に歩く。長靴で。
 たまに、カートが迎えに来る。
 次の現場に移送される。
 また、歩く。

 昨日は、農協をよんで、新田組農事研究会の会合があった。
 野菜の出荷、米の出荷、黒埼管内でいちばんのお得意先です。という挨拶があった。
 農家率が高い、ということは田舎率も高いということか。

 
e0351452_10444506.jpg
 向かいに並んだメンバー。

 そして、目の前に来た、「花」

e0351452_10443667.jpg
 「注いでください」

 「はい」

 おいらが客か、彼女が客か。
 彼女たちのメンバーにはハルピンの人がいた。

 勇吉さんの、旬を感じるおいしい料理であった。

 話を戻す。

 あたらしい栽培技術。「蜜播」みっばと呼ぶ。
 通常10アールに必要な苗の枚数は20枚。
 それを半分に減らす技術がでてきた。すべて省エネスタイル。収穫量よりもいかに労働を軽くするか。
 少子高齢化のテーマだ。

 
e0351452_10475356.jpg

 近所に消防車1台と救急車2台が来た。
 なんだなんだといけば、近所のじいちゃんが倒れたようだ。

 少子化、高齢化、すすむ君である。

 
e0351452_10512172.jpg

 去年の毒まきはこちら
と思ったら、去年は娘の卒業式で、逃げ出してたんだった。
おととしはこちら。


.



 

[PR]
by ikarashikunosuke | 2017-03-19 10:58 | 農民日記 | Comments(0)

12.10 小麦、いい感じでそろいました。

e0351452_19173148.jpg
 なかなか、出てこないので、やっぱ麦は冬眠するのかと思いきや。

 しっかりと出てました。これで一安心。

 
e0351452_19184564.jpg
 鮭も、いい感じで仕上がりました。

 身もやや赤いベニなので、楽しみです。

 先行して、巻の佐藤家、藤野木の田巻家、鳥原の笠原家分家に嫁いでいきました。


 冬眠の準備万端。鮭と酒。憂いなし。


.


[PR]
by ikarashikunosuke | 2016-12-12 19:21 | 農民日記 | Comments(4)

11.14 麦をまく


 
e0351452_21104959.jpg


 やっと来ました。麦播き隊。
 昨年と、ほぼ1か月のタイムラグあり。

 だいじょぶか。

 
e0351452_21103933.jpg

 彼女、彼らもいそがしく。11月中旬に。

 なので、気温の低下が予想されるので、浅く種まきするため、まいた深さを観察し。

 「もっと上げよう」

 けつこう、親身になってやってくれてるわ、クボタレディース。

 まったく農家でもなく、農学部でもなく。

 (昨年はこちら⇒)
e0351452_21112002.jpg
 


 いい日でよかった。


.

[PR]
by ikarashikunosuke | 2016-11-14 21:17 | 農民日記 | Comments(0)

11.5 2017年収穫、麦の発芽

e0351452_12511440.jpg
 蒔いた日 2016.10.23
 撮影日 2016.11.05
 10アールあたり8kgの散播
 

 表面にまいただけなので鳥が食べたり、風で飛んだり、寝転んだりするはずなので、発芽率、成長の様子が研究のテーマである。

.

[PR]
by ikarashikunosuke | 2016-11-06 12:53 | 農民日記 | Comments(0)

10.8 耕作放棄地と遊休農地と荒廃農地の違いは



e0351452_13122441.jpg
 耕作放棄地・・・高齢化、転勤、社会構造、農政の行き詰まり等により、手に負えなくなってしまった農地

 遊休農地・・・活用すればもっと使えるのに、遊ばせておく、休んでいてもったいない農地


 荒廃農地・・・荒れて捨てられた農地。なかには原野、山林化しているものもある。また建設残土、廃材、産業廃棄物が捨てられている場合もあり、通常の農耕用機械では復元できない状態

 今のおいらの仕事は、農業振興と農地管理。

 やりようによっては、農業、おもしろいよ。


 農業。英語でいうと、あぐらかいちゃー。

 晴耕雨読、ストレスフリーの実現。土日、昼夜をとわず10日連続でも働く。

 怪我などで労災で訴える相手は、働き者の自分と不注意な自分と怠け者の自分が相談しあって、最後は自業自得、自然の成り行きだで決着すること。

農業の魅力はこのへん。

 本日、小屋の掃除中。

 今年、直播栽培は豊作。種まきから刈取り出荷まで、完全に一人であった。

 何物にも邪魔されず、皇帝的にマイペース、えらくこのリズムはいいと思う。

 .

[PR]
by ikarashikunosuke | 2016-10-08 13:37 | 農民日記 | Comments(2)

トラクターとコンバインと、そして乾燥機

e0351452_20260079.jpg
  

 
e0351452_07411797.jpg


e0351452_07413423.jpg
 前略。父上様。

 35年使った乾燥機、入れ替えました。
 おいらが20年、そっちが15年、農機具屋さんは、
 「まだ、いたんだ、このタイプ」という。

 80万円の中古です。
 トラクターは1000時間を超えたので、点検整備しました。
 コンバインは、向かいのうちから嫁いできました。ばあちゃんと一緒です。

 なんとか、家を守っています。

 せがれが、10月に一時帰国することになりました。
 おいらあと4.5年は、なんとか「魂を忘れない農業」

 やっていきます。無駄といわれようが、赤字だろうが、趣味といわれようが。
 それが、あとあと、実を結ぶことになることを願って。

 そここそこ、収穫の喜びとその前の容易でない苦しみは、重々承知の上で、農業やってます。


 今を生きる。
 前略、父上様。いささか、飲みすぎました。





.

[PR]
by ikarashikunosuke | 2016-09-26 20:35 | 農民日記 | Comments(0)

9.24 刈時を診断する


 本日の偵察作業。朝6.00-6.50。

  1. 直播の稲刈をいつするか
  2. ほかの人はどの程度刈り終えているか
  3. 朝のゆげゆげ風景を楽しむ
  4. 朝飯までの時間かせぎ
  5. 話し相手を探す

 などである。



イセキとクボタ、断然にクボタが多い。シートの色でわかる。
結構、9月前半の晴天で稲刈は終わっている。


e0351452_07161338.jpg


かぶつ1
茎に迫力がない。

e0351452_07052887.jpg

かぶつ2
やはり、茎が細い。肥料不足か密植。


e0351452_07053640.jpg




e0351452_07132380.jpg

 

そして我が家の田んぼ。
郵便局から、「おたくの稲、寝てますよー」
という、つぶレターが届いてほぼ20日。
茎はまだ青く倒れているが実入りの期待はある。

e0351452_07125821.jpg
本日は晴天なり。なれど。
朝露と昨晩の雨により濡れている。
稲刈はしないで、なんかして過ごす。




.


[PR]
by ikarashikunosuke | 2016-09-24 07:45 | 農民日記 | Comments(0)

9.16  放置されしもの


 
e0351452_07274773.jpg
 三条市の名誉市民に、ジャイアント馬場が選ばれたという。亡くなってからかなり経つが、人気があるのだろう。

 みんしん党代表に、バナナ屋の娘が選ばれたという。小生意気な女性で、一度は沈んだものの、人気があるのだろう。

 今朝、放置されていた稲、ゆきんこ舞の周辺を草刈りしてきた。
 というのは。
 6月に倒れた人の農地を管理することになり、病院で引き継ぎを受けて3か月。

 1週間ほど前、近所の農家から、
 「あそこの田んぼ、刈ってねーぞ」
 という指摘を受け、病院にて確認したところ、「引き継ぎもれ」発覚。

 いわゆる放置プレー・・・・にもかかわらず、稲穂にはなっている。

 除草剤不使用かつ草刈りせず、殺虫剤まかず、追加の肥料もやらず。
 当然水の管理は、自然の雨とねずみあなから入ってくる水。

 ほんとうは、9月5日ぐらいまでに刈り終えていなければならない品種。

 枯れてもなお、しょきんと立っている、ほんと、冒頭にこじつけて、ジャイアントばばあである。

 こいつをどうするか、思案中である。

 食うか捨てるか、だまして売るか。

 新潟産「自然淘汰米」30キロ3000円。

 

.

[PR]
by ikarashikunosuke | 2016-09-16 07:48 | 農民日記 | Comments(0)

9.03 助手

e0351452_12344701.jpg
 おいらがホームズなら、ワトスン。

 おいらが明智小五郎、天地茂なら小林少年。

 たおれた義父にかわって登場、ケインコスギ三田。

 田んぼ作業を教えるために、昨日の作業をあえて早めに切り上げ、本日オペレーターをお願いする、つまり後継者を育てるのである。

 ということで、おいらは、こんなお茶を飲む時間ができて、余裕である。

 
e0351452_12344108.jpg
 本日、ゆきんこ舞という混ぜ米品種を終えた。

 予定通りの肥料しかやっていないので、収穫高は少ない。バッタも少ない。

 すずめがいない。

 早めに切り上げて、入浴後に、駅南のサンバカーニバルに向かおう。


.

[PR]
by ikarashikunosuke | 2016-09-03 12:43 | 農民日記 | Comments(0)