カテゴリ:自分とか家や家族のこと( 48 )

2.25 旅行代理人がロンドンに


 旅の代理人、娘がロンドンに行っている。
 行っていた。写真が届いた。

 二階建てバスは、新型になった。
 変なメリーゴーランドはなかった。
 フィッシュアンドチブスはなんか、雑多な豆類が加わっていた。
 
e0351452_21032750.jpg





e0351452_20595678.jpg



e0351452_21001275.jpg




e0351452_21005133.jpg

  旅、たびたび、足袋はいいね。


 おいらももうすぐ、ベトちゃんだ。
 年取ってきたので、保険はいってから行くことにする。



.

[PR]
by ikarashikunosuke | 2017-02-25 21:05 | 自分とか家や家族のこと | Comments(0)

2.4/5 家族たちは・・・・



e0351452_21412439.jpg



 親子で、奥飛騨旅行している、やつら。

 これも、親孝行の一環。

 
e0351452_21411080.jpg

 おいらは。
 どこでもよい。

 たらたらと飲めて、たびを満喫して。いびきをかいても怒られない場所で。

 移動の馬車の座席とか、宴会座席が狭くない、がやがやしていないところで。

 寒くなくて。となりにそこそこの酌婦がいて。

 
e0351452_21410058.jpg

 旅に連れてってください。

    願望院釈徘徊、おいらの法名である。


.

[PR]
by ikarashikunosuke | 2017-02-06 21:46 | 自分とか家や家族のこと | Comments(0)

1.18 17回目の節目、節飯



e0351452_17420908.jpg
 

 軍隊が食べる飯、ミリメシ。

  サラリーマンが食べる飯、サラ飯。

 武士が食えば、ブシ飯。

 節目に食べる飯。それは節飯だ。

 フシメシ。17回目の誕生日。誰かが、猫まんまのような盛り付けで、しかもケーキの箱に入れてデコレーションしてた。

 がんばれ17歳。狩野A公と付き合ってた子ってえのもこの年か。
 とてもうちは、未熟すぎる。

 
e0351452_17415982.jpg
  この日の夜。

 おいら、付き合いのため、駅南で外食。

 付き合いのためとはいえ、ぜいたくすぎる。

 苦手である。


 最初の写真、いくらの数は、ちゃんと17であった。



.

 

[PR]
by ikarashikunosuke | 2017-01-22 17:48 | 自分とか家や家族のこと | Comments(0)

1.7 おれも18の時

e0351452_22371935.jpg
 18歳、高3。
 夏休み。
 能登半島ツーリングの出発の日、友人宅で。

 何か、いきがっていた様子である。

 とりとめて、どうってことはないが、捨ててしまうには惜しい写真なので記録しておく。

 この時、K崎とタンデムツーリング。能都町に1泊。能生あたりの民宿に1泊。

 宿で、結構泡の出る飲み物を飲んだらしい。

 これ以外に写真はない。ただ、おいらの旅の原点はこの辺にある。


.


[PR]
by ikarashikunosuke | 2017-01-07 22:43 | 自分とか家や家族のこと | Comments(0)

1.1 スローガンにむけて

e0351452_22335505.jpg
 ちなみに。

 お寺様の玄関のスローガン。



 
e0351452_22335080.jpg
 ちなみに。おいらが書いたスローガン。

 そして。アネタチファミリアが来て正月元旦を過ごした。

 
e0351452_22340247.jpg
 レンズが曇って、ぼやけた。

 けど、目標は、とりあえず立てた。

 元旦マラソンに出かけた。

 飲んで動いて働いて。

 初日から、飛ばした。


.

[PR]
by ikarashikunosuke | 2017-01-01 22:37 | 自分とか家や家族のこと | Comments(2)

1.1 2017年に向かって

e0351452_14114545.jpg
昨年はていうと。

 1月、行形亭に行く機会があって芸妓さんと飲みました。古町ぶらり酒、駅前留学などもしました。

2月 越前浜にアサリが爆発生しました。今年も、カキとわかめともずくとサザエなど、四季を通じて潜って採りました。

3月 年度末にむけて、ほとんど職場で「葉っぱ役」してました。

4月 年度初は、ほとんど「百」してました。なお、娘、東京バスガールになりました。

5月 直播栽培で、ぶらさがりトラジロウのお世話になりました。カラスよりやっぱり雑草にやられました。

6月 今季初の試み、クボタさんのお世話になって、小麦を収穫しました。やっぱ赤字でした。

7月 年がら年中、職場近くの、えいやす食堂さんにお世話になりました。

8月 新しく乾燥機を導入しました。70万円でした。3年で元とる覚悟です。

9月 兄ちゃんが一時帰国しました。家族で食事しました。彼はハノイで頼もしく働いています。

10月 おいしいご飯ができました。一部2等でした。

11月 やっぱり鮭をつるし首にしました。柿もつるしました。

12月、バンコクに視察旅行にいってきました。



 おいら、元気にそだってましゅ。家人ともども元気です。

 あけおめ。ことよろ。


 2017年、旅しながら、農家しながら、葉っぱ役びとしながら、楽しくクラシックしていきます。

 

 「暮らしっく」とは、古きをだすねて新しきを知る知的な暮らし方をいいます。


けっこう、でかけたね。



.


.


[PR]
by ikarashikunosuke | 2017-01-01 01:01 | 自分とか家や家族のこと | Comments(0)

10.20 兄ちゃんの一時帰国に乾杯



e0351452_07473449.jpg
 何年かぶりに、回る寿司を買えと指示した。

 兄ちゃんの10日間一時帰国。
 いろはの正社員の祝い。

 寿司とワインと涌井のホルモン。
 ばあちゃんは、にいちゃんの台所入場に、歌をうたった。
 りんりんりん・・・・・
 鈴虫か。

 いずれにせよ。
 「一期一会」
 いつどうなるかわからないから精一杯生きること。
 いい死に方は、いい生き方なんだとを命じた。

 みなが旅行にかかわる仕事に就いたのは、父母の影響か。
 そうだそうだと子供らも言っていた。

 なので、離ればなれは仕方がないと思う。

e0351452_07474555.jpg
 ベトナム、東京、新潟。
 ラインでつながっている。
 同じ太陽を、同じ空を眺めて暮らしているではないか。

(1年前はこちら↓)


.

[PR]
by ikarashikunosuke | 2016-10-21 07:54 | 自分とか家や家族のこと | Comments(5)

10.13 古参の通夜・葬儀にて


e0351452_07231188.jpg

 丸山家。85歳。
 満州事変からもどった矢先、盲腸破裂のため死んだ父にかわり、15のころから農家当主となる。
 妹2人を育てる。
 60歳を待たずに妻をがんで亡くす。
 
 私の知るかぎり生涯を記す。



(元気なころはこちら)



[PR]
by ikarashikunosuke | 2016-10-14 07:29 | 自分とか家や家族のこと | Comments(0)

10.1 家族葬による見送り

e0351452_19011832.jpg
 義母が93歳で西の国へ。
 施設に入ってたが脳梗塞でたおれて、意識がないまま。
 相談の結果、家族葬に。それでも粟島から兄弟または名代がかけつけてくれた。
 
お経は日蓮宗沼垂のお寺様から。
 親鸞のライバル、日蓮さんは庶民派にくわえてお経やパフォーマンスが長いね。

 感想忘備録。

  1. 家族葬の施設は機能的、ハワイのコンドミニアム的な感じ
  2. 葬儀屋さんの合理的なことと、なんでも金金かねというところ。それを質素、質素、質素に塗り替えていく作業あり
  3. 死んだ人がなんと葬儀屋グループの互助会員だったことがあとで判明、葬儀代が大幅減額に
  4. お寺様の日頃の不摂生からか、ひざ、肩が痛いとのこと、太りすぎもあり。しかし声が通ってお経が素晴らしいという声もあり、賛否あり
  5. ひさびさ、火葬場でお昼ご飯を食べてお茶飲んでくつろいできた。いつもはお斎の会場で飲んでいるから

 おいしそうだつたのが、これ。

 
e0351452_19013901.jpg
 お供えのお膳。
 誰もいない、出棺のすきを見て、食べてくれば良かった。





 おもわず、顔を出して記念写真を撮ろうと思ったのがこれ。

 
e0351452_19013011.jpg
 最初、写真をかけるには大きいイーゼルがおいてあるなあーと思いきや、棺桶のふたを立て掛けるものだった。
 ほんと、観光地に置いてあったら、絶対ここから顔を出しているに違いない。

 「あそこから顔だして写真とってろかー」
 娘にセールスしたが、無言であった。

 まさか、するんじゃないかという、威圧の目だった。


 
.

[PR]
by ikarashikunosuke | 2016-10-01 19:18 | 自分とか家や家族のこと | Comments(2)

9.28 米、初出荷






 初出荷。コシヒカリ。

e0351452_08322520.jpg
 弥彦神社献上のこしひかりを袋詰めした。
 28年産初出荷。

 たまたま東京から娘が帰宅していたので、

 「何か、米との1枚を撮らせてくれ」とお願いしたら、乳呑児を抱くポーズになった。
 「なかなか、いいね」

 ブログジャンルを「農民日記」にカテゴリするのだが、今回の記事は「家や家族のこと」にいれておく。
 この姿、腕の中に稚児が抱かれる日が来るかもしれない。



.
 

[PR]
by ikarashikunosuke | 2016-10-01 08:37 | 自分とか家や家族のこと | Comments(0)